影の迷子

作者 koumoto

交差点を通る度、影を見る度に、この物語を思い出す

  • ★★ Very Good!!

子供の頃、子供向けだけれど怖い話を見てしまった時のように、読んだあと『これはしばらく頭から離れないなぁ』と思わせるまるでホラーのような物語です。しかし、怖いのだけれども血も呪いも幽霊も出ない。代わりに、影とくぐもった音、そして寂しさがあります。

子供の頃、迷子になったとき、一生両親に見つからなかったらどうしようと、怖くなったことはありませんか? この物語はその感情が現実になったお話です。タグに童話とありますが、子供に読み聞かせたらたぶんトラウマになります(笑)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

師走さんの他のおすすめレビュー 8