どうやら僕はパーティーを追放されたみたいですが、残念ながら本当に追放されたのは貴方の方です

作者 石部 銀吉