ゴスロリは剣より強し

作者 三上 エル

22

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ゴスロリな格好をしているのには理由があるんです!
そして、ゴスロリによって彼らは悪を挫くのです!
ゴスロリ無しには語れないファンタジー小説。
最後まで読むと、どうしてこのタイトルになったのか、きっと納得するはずです。
エピローグでキャラクタのその後を丁寧に描かれていて余韻に浸れたのも良かったです。
良作だと思います☆

★★★ Excellent!!!

ゴスロリで、可愛く、誰しもがその容姿に目を奪われる。
名をドール、「人形」という意味も持った名を持つ美少……いえ、ある秘密があったのだ。

正統派イケメンの主人公ディルは、物語の初めに語った。
これがやはり一番印象的で、名言といっても過言ではないでしょう。
「世界一可愛い俺の親友ドール・シュテルンツェルトは、男である」と。

これだけでも興味が惹かれるのですが、一番の魅力はキャラクターの個性と、描かれる戦闘シーンです。
伏線のいくつか散りばめられていて、物語もどこか殺伐ではなく、どことなくコメディ要素もあって、安心して読み進められます。

読者を置いていくような早めの展開ではなく、きっちりとした説明や物語の進め方もとても丁寧で、憶測でしかないですが、作者様自身もこの物語が本当に好きで仕方ないような、そんな熱を感じました!

episodeを進めるごとに、一話一話気になって気になって、いつの間にか最新話まで見入ってしましました!
潜入シーンやキャラ同士の言葉の交わし方も、一切の無駄がなく、一つ一つに意味を持って書いているので、どのキャラクターにも目が離せません!!
そして、胸元に隠してある最終兵器。
彼女、いえ、彼の持つドールの最終兵器とは一体!?
ドキドキの展開、もしかするとあなたもこれを読んで「ゴスロリ」に目覚めるかも!?

ワクワクする物語を読むなら、間違いなくお勧めの作品です!
熱のある世界観を作り出す、作者様の物語をどうぞご覧あれ!!