罪深き花守りと雨を歌う巫女

作者 星ひなせ

花と雨、切っても契れない永遠の二人

  • ★★★ Excellent!!!

「仁雨(ニウ)」と呼ばれる彼女は巫女。
「花王」はその名前からカオちゃんと呼ばれていた。

短編で描かれるこの物語の魅力は、彩る花と花王の仁雨に対する秘めた想いが印象に残りました。

言葉にすると恥ずかしいのですが、とても想いと昔ながらの男気というか、とにかく仁雨が素敵に可愛らしさを表現するので、胸がトキメキます。

これはあの花王もやれやれとなるに決まってます、二人が幸せになりますように祈ってます!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

白雪❆さんの他のおすすめレビュー 462