詩を消した訳

 《十字架担いで生きていこう》というポジティブな終わり方が許せなかった。読み返して適切ではないと思った。

 七井湊って人の作品でそんな楽観的な結末を提示していいわけがないと思った。



 それで一度全て消して(衝動的に)、冷静になってから良いのだけ公開した。そこに表題作が残ってないのはおもしろいもんだ。


 表題作『aNo2mass』はDメロだけは良かったので、そこだけ残そうかとも思った。でも1月あたりに書いたものを2月半ばの頭で手を加えるのには抵抗があったのでやめた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます