0215

死にてえ 死にてえ時に死にてえと言ってはいけないその気持ちを作品にしなさいと頭ん中で叱りつけられるので更に死にてえが増す、、僕にはなんにもない。ほんとうになんにもない。空っぽですらない。器すらない。ギターとかピアノとか詩とか小説とか絵とか少しだけできるけどどれも中途半端で稼いで生きていけるレベルではない。。。かといって人と関わって普通の生き方をするのも不可能でした、それはもう散々確かめました。だからもうどうすればいいのかわからない死んでも美しくない歳になってしまった、今流れている涙はなんの涙なんだろう?。悲しいのか虚しいのか

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます