宮廷プリンセスナイト

作者 友浦乙歌@『四次元の箱庭』出版しました!

ただのキラキラ物語では絶対終わらないと思ったら……!

  • ★★★ Excellent!!!

おっさん読者が何故この作品に辿り着いたかは置いておくとして。

本作は作品トップにて「少女向けライトノベル」と作者さんが言及しておられます。私は文字通りのおっさんですが、「見聞を広める」「若さのアップデートをする」そんな感じの気持ちで読み始めました。

序盤は本当にキラキラしてて眩しくて、読んでてクラクラするという展開ですが、ここで離脱しようとは全く思いませんでした。なぜなら私、この作者さんの「夜勤」という作品を以前読んだことがありまして。その経験から「あ、これ、絶対裏切ってくる!」という確信を持っていました。一筋縄ではいかないぞ、という手応えを感じたんですね。

その予感は見事に的中! どころか、それを超えました。
え、あ、そうくる、え、そうきちゃうの、まじで!?
みたいな。

結果として「読み通した私、GJ!」という経験を得ることができました。
文章も構成も、さすがの力量です。綿密に練られた構成に脱帽です。
なんだろう、読み手の事をすごく考えているなという感じです。

登場人物についても考えてみたんですが、ヘイトを集める人がいないんですよ。なんかみんなそれぞれの正義に向かって一生懸命なんですよね。そこもまたヨシで。

あ。
ハッピーエンドかバッドエンドかそれとも……というのは言いませんよ。
というか言えませんよ。それは読めば分かる。

ぜひぜひお読みくださいませ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

一式鍵さんの他のおすすめレビュー 347