懐かしい

懐かしいと感じるとこまで来てしまった 昔はよかったと思う生き遅れた人間ではないけど 昔は昔でよかった今も便利で素晴らしいと両方感じている


子供のころ食べていた駄菓子を見つけたとき嬉しくなるのは何故だろう 大人になるにつれて遊ばなくなったことや食べなくなったものが増えていく どこかにある子供の時の記憶が繋がった瞬間が喜びになる だからといって今食べてもそんなにおいしくない時があってすこし悲しくなる


古いゲームショップを見つけた 狭い店内に入ると子供に戻ってしまう ゲームをやる前に読む説明書が大好きだった それを読むだけで1時間は経っている 分厚い灰色のカセットが並んでいて端からタイトルを見ていくカチャカチャと鳴る音が楽しくてしょうがなかった


僕はゲームもカードゲームも漫画も何も通らずに大人になったから 中学・高校のときに友達になる為のツールを持っていなかった ルールも内容もわからないことで盛り上がっている友達の横で知っている振りをして遊ぶゲームを1人でしていた 有名な漫画は1回も読んだことないことが珍しいと逆に友達は出来た


僕が懐かしいと思う記憶がそれほどないことに気付いた こんな事があっていいのだろうかいいんです


僕にはどうでもいいことを薄く広げていく能力に長けていた それが友達に受けてどんどん輪が広がった 僕がいつまでも懐かしいと思うのはお土産屋さんにある竜が巻きついた小さい剣だけだ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます