始めて長編を完結させたカクヨム作家の反省会

作者 機人レンジ

65

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

長編を書いた人には、きっと思い当たることがありすぎると思います。
そしてこれから長編を書こうという人には、きっといい指針になり、ヒントになるアイデアが詰まっています。
ポイントはそれらが実に明確に、的確に書かれているところです。

でも、ひとつだけ言っておきたいことがあります。
それはこのエッセイのもとになった作者の初長編『ディープスター・マーメイド』が初長編とは思えないほど面白い作品だということです。
ここには作者の情熱があり、読者を楽しませたいというエンターテイメントが満ちており、とにかくいろんなものを詰め込みつつも、読みやすく面白い作品になっているということです。

ということで作者様に代わって宣伝しておきます。
これをきっかけにぜひ長編も読んでみてください!
面白いですよ!

★★ Very Good!!

長編を余裕で書ききる者は直ちにこの場を立ち去れい!(おい


作者様の反省は、経験の浅いカク側の人にとっては共通するものでしょう。

奇しくも、ボクも完結長編は一個だけ野郎なので、読んでいて刺さりました。
ウッ。と胸が痛くなりました。あれれ……どうしてだろう。

読みやすく、コンパクトにまとめられた良エッセイです。
でも、導かれた結論は的確なものだと思います。
「毎話が海外ドラマでなくちゃいけない」というのは至言だとおもいました。
やっぱり明確な引きがないと厳しいよなぁ。

そんなわけで、同じ境遇のカク人は気軽に読んでみようぜ!

★★★ Excellent!!!

 能の巨人、世阿弥は『花鏡』の中で三つの初心について述べました。基本的には自分の年齢に応じたもので、若い頃の初心、時々での初心、老後の初心です。現在の初心というと最初のそれだけが取り上げられがちです。けれども、およそ芸なり職なりを研鑽していくと、ある程度の成長にさしかかった時に初めて出会す心境もあり、老いた時には老いた人間として初めて突き当たる壁もあり、これで終わりというものがありません。
 ご心境はまさに『時々の初心』ですね。ああ、いや、お若くないなどと申し上げたいのではありません。ただ、創作に打ち込む情熱と真摯なご姿勢に心から敬服します。