126

 今日は至って普通の日なのだが、心理的には二つの焦りがあった。その二つの焦りとはバイオコンまでの時間がないということと明日に全員追試という名目で数学の小テストがあるのいうことだった。また期末テストの素点が返ってきたのだが、中間の時にはなかった三百位代があって勉強しないと死ぬぞと思い、後悔というよりは反省という気持ちが全面的に出てきた。

 二時間目の現代文は昨日宣言されていた通り自習でいつもノートでやっているようなことをプリントで行い、それにあまり時間がかからなかったので他のこと(バイオコン系)のことをした。

 三時間目の数学では確率の中の条件付き確率をやったのだが一定の条件をつけた上で、というのが難解なときもあって思った以上に苦しいのである。

 五時間目の物理基礎では実験を行ったのだが、始めに慣性の法則の天井に糸が吊るしてあってそこに重りが吊り下がっていてさらに糸があってそれを引くとどう切れるかといった問題の解説ではないが実演があった。その後に一定の力で引いたときの速さの違いの実験をした。結果としてはまあまあ良好、でありそうだ。

 部活はPowerPointと原稿の両用で基本的に僕は原稿の方に集中し、他の人たちによってPowerPointの作成がなされた。それでもPowerPointはまあまあ進んだ方なのだが原稿の方は焦らなくてはならないような出来(進み)である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます