三万字縛り位がいいのかも。

GWです。我が家にも連休が来た。

何もせんぞ!

爆睡するは我にあり!


とはいいながらこの間に小説

「ビル暮らしのエヴァンス~異能商店街の仕訳日記帳」を更新してます。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054889298026


そんな訳ですが、未だに十万字超えの小説を書けた試しがない。

何となく、私自身まわりっくどい文体になりがちでズバッと短くした方がテンポも良い気がして、長く書くのを避けてる気がしなくもない。

ぼちぼちは書いてるんですけどね。


でもって、今のところは力不足。

2000字×10エピソード+アルファってとこで30000字くらいの作品を書いていくってのはどうかな?


などと思ったのでした。

まさに下手な考え休むに似たり。


そうやっていくうちに文字数は伸びていくのではあるまいか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます