顔も声も知らないあなたに恋したかもしれないよ

作者 桃もちみいか

27

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

朝会社のロッカーを開けると、そこには一枚のCDが入っていた。
このロッカーは夜勤の人と交代で使っているもの。どうやら前の人の忘れ物らしい。
好きなアーティストのCDだったので、一言メッセージを書いた付箋を貼り付けてみた。『私も好きです。いい曲ばかりですね』と。
その日から、見知らぬ誰かさんとの付箋をでのやり取りが始まった。

ネットを通じていろんな人と繋がる事ができる現代。こういうアナログなやり取りって不思議な暖かさを感じませんか?
付箋の相手はいったいどんな人なのだろう?同じロッカーを使っているのだから少し時間をずらせば会うことが出来るでしょうけど、そんな近くても会う事の無い距離感がたまらない。
どこか懐かしさを感じさせるレトロな交流、良いですよ~。

★★★ Excellent!!!

彼と私の距離感が凄く素敵です。

顔も声も知らないあなた。それがどうやって恋に発展するのかと思ったら、まさかこんな方法は。今の時代からすると、ちょっぴりレトロに感じるかもしれない二人のやり取り。それが凄く心を打ちました。
ほんの小さな言葉が、特別な何かに変わります。