Dream Doctor ~夢を喰らう魔物~

作者 織姫

一人の男から始まった、それは連環する思い!

  • ★★★ Excellent!!!

「Dream Doctor」

本作のタイトル。いいタイトルです。まさに本作のシナリオやテーマをひとことで表していると感じます。現実から夢の中に意識が移行する物語です。だから皆様もご存じの「獏」も出てきます。では「Dream Doctor」とは夢のなにを治療する者なのか。わくわくしながらプロローグへ進んでいただければと思います。

「Dream」の世界でもあるにも関わらず、その世界は現実と繋がってきます。主人公の大門直樹(Dream Doctor)をはじめとして、そのアシスタントアンドロイドのカレン、他のDream Doctorなど、夢の世界の中だけでの活躍では終わらず、現実世界のサスペンスでも大活躍の舞台が与えられています。このミックスがとても面白く、良質なサスペンスバトルを大いに楽しませてくれること請け合いでしょう。

本作の最大の見どころは人間関係の連環です。シナリオは全て、一人の人間に繋がってきます。その人間に対する愛、嫉妬、憎悪、そして希望。全てが相まって引き起こされた、「Dream」を題材とした悲劇と昇華の物語。その人間の正体は読み進めるうちに明らかになりますので、各キャラクターがその人間に対してどのような感情を抱いているかを想像しながら読むと三倍も四倍も楽しめると思います。個人的にお勧めのキャラクターはアンドロイドのカレン。時には親のように、時には恋人のように、そして時には信頼できるマスターとして直樹と関わってくれる彼女の多面性を微笑ましく読ませていただきました。皆さんにも彼女と出会っていただきたいです。

そして……。
物語の見どころは前述のとおりなのですが、物語外の部分で「登場人物紹介その3」には大きく心を動かされました。作者の織姫さんからのご挨拶です。読み終わった後、このご挨拶も作品の一部なのかもしれないと感じて胸が熱くなりました。

これは「Dream Doctor」――夢を治療する者たちの物語。
同時にそれは、登場する彼ら彼女ら自身の夢に決着をつける行為にほかなりません。人間の「想い」がたっぷりと詰まった再生の物語。お勧めです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

いっさん小牧さんの他のおすすめレビュー 141