LycoriTH――リコリス――

作者 有澤いつき

正義とかそんな奇麗事じゃないけれど

  • ★★ Very Good!!

 同性愛の要素がある小説等は苦手で読んだことは無かったのですが、それが苦手という理由だけで、この小説を読まないのは惜しいと思いました。
 勧善懲悪、というような、圧倒的に分かりやすい話では無く、リコリスという生物の本能と己にある愛や信条によって生きている者同士の、生と死を分かつ激しいぶつかり合いが、見所だと思います。かと言って、創作されただけのイカれたキャラクター達ではなく、彼女らには脳があって心臓があることを、私は感じました。
 作者さんが(描写を)表現する、オリジナリティー溢れる文章を楽しむのも、この小説の魅力の一つであるでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

朝日 風馨さんの他のおすすめレビュー 25