とりとめのない思いの随に

作者 Askew

共感と共鳴を呼ぶ、作者と対話がしたくなるエッセイ

  • ★★★ Excellent!!!

実は途中まで読んだ状態でこれを書き始めてしまっている。
そうしたいと思わせるほどに、このエッセイは面白い。
各回ごとに繰り出される「あるある」ネタは読者の共感を呼び、そこから派生してゆく蘊蓄や豆知識による流れが実に気持ちの良い読書体験をさせてくれる。
それらは極めて理知的かつ論理的に展開される作品への良質なスパイスだ。各回についているオチもじつに小気味よい。丁寧で豊かな文章のフルコースが味わえることだろう。

正直、「こんな楽しいものをえがける方が、自分の身近にもいればなぁ」と、思わずつぶやいてしまった。なので、コメントをいくつも寄せてしまう……。それぐらいに、読んでいる側をも能動的にさせてしまう求心力がある。それは間違いなく「書き手の魅力」そのものであり、全編にわたって少しの出し惜しみもなく発揮されているように感じた。そういった臆面のなさこそ、本作品最大の魅力と言えるのかもしれない。

自分にもこんなエッセイが書けたらなぁと思う。
作者の持つ豊かな感性と、それを受け止め的確に言語化する能力――。これらが見事にかみ合った、傑作エッセイである。読めば読むほどにこちらの創作意欲が刺激される、そんな「モチベーションの源泉」のようにも感じた。ぜひ、今後も追いかけてゆきたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

あしゅら男色さんの他のおすすめレビュー 81