There's no use crying over spilled milk. ―後悔先に立たず―EP2

「……ッ!」

「やぁ……リサク・アンダーソン。名前を聞いて思い出したよ。展示されていたアンタの作品は今でもよく覚えている」

「随分と、見違えたね……」

 リサクは、コニーと思しき怪物と目を合わせながら扉を閉じた。


 人間だった筈の生物は上半身を起こし、壁に寄りかかった姿勢で手元の端末を操作している。


「まあ……世の中、何が起こるか分からないもんだな」

「あの時、君を通報しておくべきだったかな」

 言葉を返す間際に、コニーは残された左目でリサクを見返す。

 コニーの側頭部は膨張しており、右目には眼球が無かった。

 変形した頭部によって顔面の皮膚が後方に引き伸ばされている為、目蓋を完全に閉じる事すら出来ていない。

 表情から意図を読み取ろうとするリサクであったが、それは到底不可能であると悟る。


「今では俺もそう思う。ま、その場凌ぎの嘘を突いてでも逃げ延びようとするだろうさ。関与している証拠はないって具合にさ」

「一体、何があったんだい」

「うまく説明出来る自信が無いな。はっきり言って、アンタとは大して親しくも無い。話したところで……信憑性ってやつは皆無じゃないか」

「それは僕が判断する事だ」

「……なるほど。初めて会った時もそうだ。俺は、アンタが怖かった。今はより一層不気味に思える」

「なぜ……?」

「今の俺なんかよりよっぽどさ。だって、さっきからアンタ、異様に冷静だぜ」

「……何を言う。今にも逃げ出したくて堪らない。もし、君が襲い掛かるような素振りを見せたなら、僕は悲鳴を上げながら部屋を飛び出していただろう」

「そうかい……?」

 左目に掛かった頭髪の隙間から、コニーは思わせぶりな視線をリサクに投げかけた。


 目線が合致したその時、コニーの背後で黒く細長い物体が蠢く。

 リサクは即座に臨戦体制を取る。

 彼の目付きは標的を飛び穿つ矢尻の如く、凛々しくも鋭利な眼差しへと変貌した。


〈Shyylylylyly……〉


 不気味な音を立てながら、触手の全貌が徐々に露わとなる。

 触手、と言うよりは寧ろ人骨に近い。構造も腕の骨と酷似している。

 しかしながら、不自然極まりない挙動は体の一部というよりも、飼い慣らされた蛇のように独立した意思を感じさせる。


 触手は唐突に動きを止め、一瞬の内に伸縮を行った。

 コニーは新たな腕に向かって「見せつけてやれ」と指示を出したのだ。


〈crisp……crisp〉


 リサクの頭上から異音が響き渡り、黒いビニールのような物体が降り注いだ。察し得たリサクはゆっくりと天井を見上げる。

 

 先ず目に入ったのものは、人間の顔面だった。

 瞳孔が見開いている様子からして、既に息はないとリサクは判別する。

 そして、天井一面に張り巡らされた黒いゴムのような皮膜。それが遺体を固定していた。

 コニーによって膜の一部が引き剥がされた為、遺体は無造作に転がり落ちてくる。


「君が、殺したのか?」

 落ち着き払った口調でリサクは問い掛けた。

 部屋の中央に落下した看護師の遺体を一瞥し、コニーは歪な顔面を不適に歪めた。不相応に整った白い前歯を剥き出しにし、彼は冷淡な声音で返答する。

「ああ、そうさ。殺した。俺が殺したんだ。このババアはな、羽虫だ。鬱陶しいから、黙らせた」

 言葉の節々に自嘲的な笑みが含まれる。コニーは間髪入れずに続ける。

「なあ、リサク。今の俺に人権なんてない。なら、法は俺を裁くことだって出来ない……俺は罪には問われない。そうだろ?」

「……何故、僕は殺そうとしない」

 明確な答えは口に出さず、リサクは質問に質問で応じた。

「馬鹿言うな。見舞いに来た知り合いを普通殺すか? それに、この部屋には監視カメラが無い。お前がいても別に問題ないんだよ。端末はこの女が持ってたやつで、解錠も通話も、外部への連絡もこいつで出来る。ま、気付かれるまで長くはないだろうが……必要な時間はまだ残されてる」

「ならば、手短に要件を済ませよう。君は一体、何者に、何をされたんだ」

「……なあ、リサク。知りたくて堪らないって感じだな」

「……」

「まあいいや。俺はありのままを話すぞ。先ず何者かだが……ブギーマンって知ってるか?」

「噂を耳にした事はある」


 ブギーマンは、巷を騒がす正義の執行人、若しくは見境なく人を襲う通り魔、闇夜に紛れ、トウキョウを徘徊する怪人。全てが一つの存在を指している。


 多くの者がブギーマンを語った。しかし、言及された外見的特徴も、行動原理も何一つ一致していない。だが確実に存在はしている。被害者が後を立たないからだ。

 

「マスクじゃなかった。俺が見た奴は、フルフェイスヘルメットだった。目的は分からないが、何故か、俺だけは喋れる状態で逃してくれたんだ」

「他の被害者は?」

「クリフは脳をやられたらしい。植物状態だってさ……。なあ、リサクはどう思う? 俺だけが、どうして……なんでだ」

「存在を知らしめるために、敢えて一人残したとか。君は偶然選ばれた」

「そうかもな。何にせよ俺は、贖罪の機会を得たんだ。法に背いた罰を甘んじて受けようと、覚悟していたんだよ。だってのにこの有様だ。俺は、俺はな、もう人間じゃない。人間扱いされていないんだ。この姿じゃ当然だ。被験体のモルモットに同情する馬鹿はいないだろ? 俺も、同じさ。遂には、正式な裁きすら俺には贅沢なんだと、国は俺にそう言ったんだ」

「同情する」

「口だけだっ!! 澄ました顔しやがって!」

「落ち着いてくれコニー。冷静になるんだ。何故そうなったのか、必ず何処かに答えはある」

「思い当たる節ならある。最後の客だよ。俺がこうなったのは、多分あの女のせいだ。それしか考えられない」

「女……?」

「多分、あの薬をやってた。クソッタレのジャンキーさ。俺に、薬をよこせと脅してきやがった。俺は……売ってねぇっての! しょうがねぇからクリフのとこまで案内したんだが……クリフだけじゃなくて、既に奴が居たんだよ。ブギーマンがよ」

「……修羅場だな」

「そん時だ。女にうなじを噛まれたんだ。入院してからずっと違和感を感じていたが、変化が起きたのも首回りからだ。見てみるかい?」

 リサクの返答を待たず、コニーは新たな腕を用いて上着を破り捨てる。

「……一体、それは」

 形容し難い光景を前に、リサクは口を閉じた。


 コニーの首筋から背面にかけて、人間の顔が、背骨を押し上げるように隆起している。

 皮膚下に潜んだ顔は、言葉を発していた。聞こえはせずとも、口元が動いていたのだ。


 肩の皮膚を貫く黒い人骨は、この異形の頭部と繋がっているように見える。

 鬱血と変色により、コニーの背面全体は黒く、腫れ上がった皮膚のように凹凸が形成されている。

 其処彼処そこかしこに見られる手術痕を見たリサクは、コニーに纏わる医療関係者の苦悩を察した。


(無数の縫合跡は担当医が工夫を凝らした証拠だろう。現実は残酷にも、努力に適った結果をもたらさなかったという事か)

 リサクは片手で口元を抑えた。

 気分の悪化に伴う行動ではない。それらしい表情や感性を取り繕う為の、いわば演技の一環である。


「気付いたかい? 四六時中聞こえるんだぜ、女の声が」

「よく耐えてきたね」

「ま、それも今日までさ。丁度いい。手伝ってくれよ、リサク」

「何をだ」

「簡単な事さ。死体を退けて、ベッドを窓際まで寄せてくれないか。鍵も開けてくれると助かる。この腕は、細かい動きが出来なくてね」

「投身自殺でもするのか。その手伝いをしろと?」

「ははは、ご名答さ。初めて会った時もそうだったな。何でもお見通しじゃないか」

「そんな事はないさ。今も一つ、君に尋ねようとしていたところだ。君は恐らく、いとも容易く人を殺せる。躊躇いもなく、たとえ女子供だろうと。何故ここで命を断とうとする? 自由を得るために殺し、逃げればいい……まあ、それでも手伝えと言うなら構わないが」

「……なあリサク。お前が一体何者なのかよく知らないが、俺はな、生きるなら、普通の生活がしたかったんだよ。まあ、自業自得だよな、分かってる。だから自分でケリをつけたいんだ。このままじゃ俺は、実験動物として一生を終えちまう。親と顔を合わせる事すらできない。ならせめて、最後は自分の愚かさと共に、コニー・オルコットの名を世界に知らしめて死んでやりたい」

「……そうか」

 リサクは笑った。屈託のない、温かみのある笑みだった。

 あまりにも意外な表情に、コニーは暫し呆気に取られる。


「君の決意に、異議を唱えるつもりはない。だが、もう一つ、新たな選択肢を君に与えたい」

 コニーの指示に従い、ベッドごと窓際まで動かしたリサクは、コニーの肩に手を置いてそう言った。


「なんだよ、新たな選択肢って……」

「敢えて分かりやすく表現するなら、生きる意味……かな」


* * *


「オイ誰か! 警察を呼べ!」

「窓から人が落ちたんだ……」

「あの格好、入院している患者じゃないのか」

「一体どうして」


「どうなってるんだよ、あの背中」

「なんの病気だったんだ……」


「例の患者じゃないのか⁈ 拘束具は? それに監視していた筈だろ!」

「FBIに連絡しますか」

「その前に警察を……いや、野次馬をどうにかしないと!」


 混沌の最中、線の細い男性が自動ドアを通過する。

「退いて下さい!」

 歩道に足を乗せた途端、病院関係者が切迫した様子で通りがかった。

 男性は鮮やかな足取りで身を交わし、道を譲る。


 敷地の外へ向かう途中、男性は騒動の渦中に目線を配る。

 人集りの隙間から、垣間見えたのは倒れ込んだ人間の姿。そして生々しい血飛沫の跡。


 落下地点の周囲に生えているくすのきの内、一部の枝が折れている事を男性は確認する。

 端麗な容姿と可憐な面持ちを崩す事なく、彼は意味深な笑みを浮かべた。

 喧騒は彼の笑い声を包み込み、水泡の如く消し去っていく。


 瞬く間に表情を捨て去った男性は、冷徹な面持ちでその場を後にした。


 騒ぎは遠のき、普遍的に存在する生活音が日常と共に戻りつつある。

 歩道を前にして車が一台通過し、着信が走行音に紛れた。

 気が付いた男性は徐に携帯端末を取り出す。

「もしもし……。そうか、補足したか。分かった。セオドリックと合流したら直ぐに向かう。私に任せてくれ……」


//to be continued……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る