第五話

『女神様の言うことは絶対なのですよ〜!!』

そう言って締めくくられた言葉で俺は怒りを覚えた。怒りを覚えすぎて尻尾まで生えた。

「でもこれ…

前に組んだものを元に作られてる…

いないのは奈尾くんたちのペアを少

しずつ入れてる感じね…」と中川さん。

「さっすがゲーマー」と萩本が言うと

「それは関係ないでしょ」と百上。

「夫婦漫才みたいだな」と言ったら、殴られた。


同時刻…

「なんだこれ?」

そう言って大隅は戸塚に見せた。

屋敷の寝室で二人は顔を見合わせた。

男衆2人は寝室で寝泊まりしている。

でもこんなヤツが女神でいいのか?

やっぱりこの世界は変わっている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます