百花女子高校かるた部 ~近江神宮への道~

作者 和希

第八章 近江予選・中編⑦」への応援コメント

このエピソードを読む

  •  団体戦は五人でやるものですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    高校生ですしね。団体戦が上手に取れると、精神的にも優位に立てますね。

    2019年11月21日 19:15

  • (´;ω;`) 勝った……うれしい

    作者からの返信

    気持ちで引き寄せた勝利でしたね。
    ここまで来ると、どの学校もレベルが高いです(・_・;)。

    2019年7月29日 05:04

  • 競技かるたの世界は奥深いですね‼︎
    私にはとても無理な競技ですが……自分が出来ないからこその奥深さ……


    今更ながらですが、競技かるたの漫画とかじっくり読んで見ようかな。
    youtubeとかにも競技かるたの動画とかあったら見てみたいです🌸

    作者からの返信

    奥が深いです。
    私にも分からないことがたくさんあります(^_^;)。
    経験者の方はすごいなと思います。
    競技かるたは最近ブームみたいなので、いい動画や本などが見つかるかもしれませんね(^-^)。

    2019年4月27日 20:55

  • 勝ったけど、勝ったけど……翔子ー。゚(゚´Д`゚)゚。 太河ー。゚(゚´Д`゚)゚。
    この試合が二人にとって新しい一歩となりますように(ToT)

    そして、蘭子。百花女子。おめでとう!!

    作者からの返信

    翔子と太河の関係も爽やかに描けていたらいいなと思っています。
    この先二人はチームを強くするために頑張るのでしょうね。
    二人の関係が恋に代わる日が、やがて来るかもしれませんね(^-^)。

    2019年4月24日 21:50

  • へえ、そんな戦術があるのですか、
    奥が深いぜかるた!

    熱い試合でした。蘭子さんお疲れ様です。

    作者からの返信

    かるたは考えなければならないことが多いので大変です(・_・;)。
    お互いにとって得るものの多い熱戦となったようです。
    さらなる成長につながるといいですね(^-^)。

    2019年4月24日 04:40

  • 札分とは……
    これは百花女子高、チームプレーの勝利ですね!
    翔子さんも頑張った。
    個人戦ならどうなっていたかわからない。

    百花女子高!三勝!
    お見事です。おめでとうございます。

    作者からの返信

    チームプレーの差が出ましたね。
    個人戦なら翔子のほうがまだ強いでしょうね。
    苦しみながらも四回戦に進出することができました(^-^)。

    2019年4月23日 21:20

  • 最後は運命戦。一進一退の戦いの決着は運に任せることになるかと思いきや、ここでも個人戦と団体戦の違いが出ましたね。
    声かけや、最後の最後でのチームプレー。ずっとチームとして戦いつづけた結果、掴むことのできた勝利だと思います。

    だけど最後に太河に声をかけることのできた翔子も、これから団体戦での戦い方を覚えていくと、そして他の皆とチームになっていけると思います。
    今回は百花女子が勝ちましたが、次に会う時は更なる強敵に成長していそうです。

    作者からの返信

    団体戦ならではの戦術ですね。
    かるたは奥が深いと感じます。
    蘭子の勝利は、チームの力の賜物だと思います。

    翔子もこの試合で成長しましたね。
    大きな気づきを得て、この先さらに強くなっていくと思います。
    今回は団体戦の経験値の差が出てしまいました(´・ω・`)。

    2019年4月23日 21:22

  • おお、チームプレイの勝利なんですね。
    蘭子すごいじゃん。おめでとう!
    そうか、詠まれる歌は同じだから残ってる札が似通ってくるのか。
    なるほどなるほど。
    菜乃花はひっそりと負けちゃってたんですね……。

    作者からの返信

    戦術を生かした勝利でした。
    蘭子も頑張りました(^-^)。
    ちなみに、団体戦では読まれる札も、使う50枚の札も、みんな同じです。
    だから最後に残る札も同じになります。
    菜乃花は【近江予選・中編⑤】で負けてしまいました。
    相手チームが静かなので、負けても目立ちませんでした(^_^;)。

    2019年4月23日 21:29

  • もしこれが個人戦だったら、もしかしたら翔子が勝っていたかもしれませんね。
    だけど団体戦ならではの戦略。時に実力以上の力を出せることもあるチームの一体感の前にやられましたね。

    札分けは、接戦にもつれ込んだ時の必勝のテクニック。個人戦のつもりで戦うか、団体戦として戦ったかが、勝敗を決したと言って良いでしょう。

    作者からの返信

    個人戦なら翔子のほうが勝っていると思います。
    中編を書き終えて、翔子は本当に団体戦に不慣れなんだなと改めて思いました(^_^;)。

    札分け・札合わせは団体戦ならではの戦術ですね。
    実際は残り五枚くらいから意識するのかなと思います。

    2019年4月23日 21:39