百花女子高校かるた部 ~近江神宮への道~

作者 和希

第七章 近江予選・前編⑧」への応援コメント

このエピソードを読む

  •  『湘北は……豊玉の勝ちに対する執念を甘く見ないことだ……』……『スラムダンク(井上雄彦、集英社、敬称略)』でのそんな台詞を思い出しました。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    夏の甲子園の地方予選のような大会ですからね。
    ズルはいけませんが、みんな必死です。

    2019年11月13日 21:00

  • ( ・`ω・´) わあズルい。

    作者からの返信

    フェアプレイが前提で成り立つ競技なんですけどね。
    選手の主張が時にまかり通ってしまったりするので、実際にもめるシーンもけっこうあります。

    2019年7月29日 00:01

  • 何やこいつはー!
    卑怯な奴は嫌いです!
    ぼこぼこにしたれ雛菊!

    作者からの返信

    雛菊には効果があったみたいです(;・∀・)。
    跳ね返して勝利してほしいですね。

    2019年4月16日 03:42

  • 憂さんのキャラは凄いですね。(^^;)
    全然悪びれてないし。
    雛菊さん、負けないで。

    作者からの返信

    勝ちたい気持ちはわかりますが、正々堂々戦ってほしいですね( ̄▽ ̄;)。
    雛菊はここが踏ん張りどころですね。

    2019年4月15日 19:52

  • 良一君はプレッシャーに弱いタイプなのかな?
    気負うほど空回りしがちになるのは私もですけども(汗)

    それはそうと雛菊さんの対戦が何やら大変なことに(・・;)
    ズルは駄目です〜〜‼︎
    雛菊さん負けないで‼︎

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    プレッシャー以前に、気が弱いんです(´・ω・`)。
    相手も必死です。
    雛菊には上手に対処してほしいですね。

    2019年4月15日 19:46

  • まぁ、紳士、淑女の競技のはずが!∑(゚Д゚)
    でも、勝ち上がって行く為には、こういう心の強さというか、かけ引きも時には必要なのかもしれませんね。憂はズルですけど、本当に微妙な場合もあるかもだし。
    憂と鳥海は付き合ってるんですよね? 彼氏ならきっと、彼女のこういう一面を知ってるはず。それを許すなんて、なんて感じの悪いカップルなんでしょう(๑•ૅㅁ•๑)

    作者からの返信

    本当に微妙な時もありますし、本当にそう思いこんでいる場合もあります。
    それを含めてのかるたなので、一枚取ったことに対しては「ナイス」となります。
    そんなに雰囲気の悪いカップルでもなさそうですよ(^_^;)。
    次の回を読んでいただけたら、印象も変わるんじゃないかな……。

    2019年4月15日 04:08

  • えー、なになに、カルタの審判って取ってるとこみてないんですか!
    ゴルフみたいに自己申告制なんだ!
    そりゃこういうズルするやつ出てきますよね。
    ビデオ判定とかやらないと大きな大会だともめそうです

    作者からの返信

    審判はいますが、2回戦は16チーム計80名が試合をしていますので、とうてい見切れません( ̄▽ ̄;)。
    補助審判(先生や補助生徒)が会場の端に何人か立って眺めていて、手を挙げてもめているところを見つけたら近寄って話を聞く、という流れになります。
    雛菊はうまく説明できていないので、審判は憂の主張を聞いて判断せざるを得ません。
    ビデオ判定は……上級同士の対戦だとかえってお互いどちらの取りか分かるので、上位ほどビデオは必要ではなくなるかもしれません(^_^;)。

    2019年4月14日 18:26

  • 一番実力がある人が、必ずしもチームの中心とは限らないですね。声を出しみんなを鼓舞するのもまた、級や勝率には現れない力です。

    そして揉めるのもまた、ある意味一つのテクニックなんですよね。例え自分の取りにはならなくても、相手のペースを乱すことはできる。
    この相手、なかなかの曲者のようですね。

    作者からの返信

    百花女子の中心は柚子ですが、声かけは雛菊や菜乃花も上手ですしね。
    選手それぞれに、自分の適性に合った役割がありますね。

    もめは、あまり好きではありませんが、流れを変える手段にはなりえますね。
    ズルいとも言えますし、見方を変えれば、泥臭いとも言えそうです。
    1回戦を勝ち上がった者同士、そう簡単にはいきませんね(;・∀・)。

    2019年4月14日 18:15

  • 憂、ズルい! だけどこういう押しの強さも含めての勝負。判定が難しい以上、かるたとはそういうものだと言われたら、何も言い返せません。実際に際どいタイミングだと、証言で判断するしかないわけですしね。

    だけと、やはりこんなやり方で負けるのは悔しい(>_<)
    雛菊、相手に飲まれないで取り返して!

    作者からの返信

    もめる場面は多々ありますが、フェアプレイの精神で臨んでほしいものですね。
    雛菊が何も主張しなければ、審判は憂の主張を聞かざるを得ません。
    さすが大舞台。相手もしたたかなようです(・_・;)。

    2019年4月14日 18:10