百花女子高校かるた部 ~近江神宮への道~

作者 和希

第五章 聖女⑦」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 試合の流れに戸惑いながらも徐々に自分らしさを取り戻していくのが、読んでいて楽しいです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    団体戦、難しいですよね。
    仲間の声に支えられて、自分らしさを取り戻していく。
    まさに高校生らしいかるただと思います。

    2019年11月16日 00:35

  •  『いくさに出て走れなくなった時は、死ぬ時だ』……黒澤監督の『七人の侍』に出てくる、そんな台詞がぴったりな場面です。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    名言シリーズ、勉強になります。

    2019年8月4日 20:28

  • これが団体戦になれているチームとの差なのでしょうか。聖来さんはカリスマ性がありますね。
    柚子先輩の攻める気持ちがみんなの力になるといいですね。

    作者からの返信

    聖来は県の代表選手の一人ですし、仲間からの信頼は厚いでしょうね。
    聖来とはタイプが異なりますが、柚子もまたリーダーシップを発揮してよく頑張っていると思います。

    2019年3月31日 22:04

  • 実力差のある格上の相手との対戦。
    仲間の応援が力になりますね。
    (o´∀`)b

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    声援によって励まされたり、冷静になれたりしますね。
    だから団体戦は面白いのだと思います。

    2019年3月12日 20:32

  • 励ましてくれる。
    一緒に戦ってる……同じ目標を持っている仲間がいるっていいなぁって思いました。

    雛菊さんの存在、大きくて温かいですね🌼

    作者からの返信

    強い気持ちで立ち向かう柚子に対し、雛菊の気持ちは優しいですね。
    前でひっぱる存在があれば、後ろで支える存在もある。
    仲間ってありがたいですよね(^-^)。

    2019年3月12日 04:51

  • 劣勢、自分がチームの中心ってこと、全部がプレッシャーになって、精神的にも辛いところ。でも、雛の一言で流れが変わりそうですね(^-^)
    まだまだ、こっから、頑張って行こう!p(^_^)q

    作者からの返信

    柚子にもそうとうなプレッシャーがかかっているようです。
    目の前の試合で一杯いっぱいな柚子に比べ、雛菊のほうが全体を見わたせているようです。
    柚子の負けない気持ち、みんなにも届くといいですね(^-^)。

    2019年3月11日 21:39

  • ある意味明確な差があった方が、それを埋めようと意識できる分まだやり易いかも。チームのまとめ方にしても、相手の方が上手ですね。
    ですが柚子も攻めの姿勢では負けていないはずですし、聖来とは違う形でチームを盛り上げられるはず。ここから巻き返して、皆にも元気を与えてほしいです。

    作者からの返信

    追いかける立場のほうが、開き直って攻めていけるかもしれませんね。
    聖来はさすがに強いですが、柚子には柚子のやり方でチームを引っ張っていってほしいですね。

    2019年3月11日 18:30

  • 混乱、焦り、負けているのでどうしても慌ててしまいますけど、ごちゃごちゃ考えてしまったら、余計に差がついてしまいそう。
    相手が格上なら、劣勢になる場面もある。そう割り切ったうえで、仲間を信じて自分のかるたをやってください。まずは一枚取る事で、流れを変えてほしいです。

    作者からの返信

    差がつきはじめて動揺を隠せない柚子。
    気持ちは落ち着きませんが、自分のかるたを見失ってはいないようです。
    お手つきを怖れず思い切り攻めてほしいですね。
    そうすれば流れが変わるかもしれません(^-^)。

    2019年3月11日 18:28