百花女子高校かるた部 ~近江神宮への道~

作者 和希

第四章 五人目の少女⑤」への応援コメント

このエピソードを読む

  •  勝利至上主義の明暗が描かれた一話になりましたね。

    作者からの返信

    そうですね。
    部活の実態は学校によってそれぞれですね。
    冬子に限らず、学校の先生ってたいへんなんだろうな、と思います。

    2019年7月14日 15:04

  • 土肥先生いいところありますね……( ;∀;)
    勘違いしていた自分を殴りたい……

    作者からの返信

    生徒には分からない、先生たち大人の世界があるようです。
    土肥先生の温かさがいつか生徒に伝わるといいですね。
    もしかしたら二年生コンビはそれとなく気づいているのかもしれません。

    2019年5月8日 05:21

  • 練習バレてたー!
    土肥先生全然部活に興味ない先生なイメージだったのですが温かく見守ってくださってたんですね。

    作者からの返信

    土肥先生は、厳しくも温かく見守っているようです。
    生徒との距離感が縮まるといいですね(^-^)。

    2019年3月29日 17:34

  • いよいよ練習試合ですねー。

    作者からの返信

    ついに練習試合が実現できそうです(^-^)。

    2019年3月5日 04:41

  • 生徒の自主性を重んじる。
    いい先生ですね。
    練習試合もできそうですね。
    (o´∀`)b

    作者からの返信

    見た目は厳しく、中身は温かい。そんな先生のようです。
    練習試合は実現できそうですね。
    練習にもさらに熱が入っていきそうです。

    2019年3月3日 16:01

  • 土肥先生、実は不器用なだけで生徒思いのいい先生みたいですね!
    その良さが少しでも伝わればいいのに……。
    とりあえずは練習試合、なんとか決まりそうですね!p(^_^)q

    作者からの返信

    土肥先生も立場が難しいんでしょうね。
    厳格な教師の顔と、生徒を思う女性的な顔とがあるようです。
    練習試合は実現しそうですね。
    柚子たちも喜ぶのではないでしょうか(^_^)。

    2019年3月2日 21:13

  • 隠れて練習している事、実は分っていたんですね。分かっていて気づいて無いフリをするなんて、粋ですね。

    生徒のが自主的にやるのまではとやかく言わないでいいとも思いますが、学校側としては中々そうも言えないのでしょうね。

    作者からの返信

    土肥先生なりに温かく見守っているようです。
    学校も今はなかなか大変なようですね。
    『ブラック部活』の話は、新聞や他の小説からアイデアを得ました(^_^;)。

    2019年3月2日 15:40

  • 土肥先生、隠れてやっているって、気づいていたのですね。だけどやる気になっている皆のくむだなんて、良い先生です(^∇^)

    練習試合、できたら良いですね。そこに雛菊も顔を出してくれたら、言うこと無いのですけど。

    作者からの返信

    土肥先生はなかなか肝が据わった好人物のようですよ。
    学校の方針がある中で難しい立場なのかもしれませんが、自主性は尊重してくれているようです。
    練習試合が実現するといいですね。

    2019年3月2日 15:33