百花女子高校かるた部 ~近江神宮への道~

作者 和希

第一章 入部④」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ジャージの背中、「難波津に〜」の序歌の文字入りがかっこよくて萌えます!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    そう言っていただけてよかったです。

    2020年5月29日 21:18

  •  これが地獄の幕開けだぁーっ! 覚悟しろ新兵どもーっ! まずは貴様らクソどものシャバっ気を叩きのめしてやる!

     すみません、作品を間違えました。

     これが地味なようで激しく華やかな主人公達とカルタ部の出会いであり、それはそのままカルタに感じた初心そのものにつながるのですね。

    作者からの返信

    勢いはそんな感じかもしれませんね(笑)。

    そうですね。
    菜乃花が最初に抱いたこの気持ちがどのような行動に結びついていくのか、見守っていただけたら嬉しいです。

    2019年5月15日 23:10

  • カッコイイ先輩ですね!
    入部しちゃえよ! 

    しかし、スポーツなのか。
    かるたやったら痩せますかね?

    作者からの返信

    頼りになりそうな先輩ですよね。
    痩せますかね(^_^;)。
    身体もそうですが脳がそうとう疲れます。

    2019年3月15日 22:15

  • 気さくで人が良さそうな先輩ですね。
    何を始めるか決める時って、『何をやりたいか』と同じくらい、『誰とやりたいか』が大事だと思うのですよ。面白いかどうかは実際にやってみないと分からない部分もありますけど、この人と一緒ならやっていけるってところもありますから。
    意外と怖がりな椎名さんと、凛とした感じの先輩。菜乃花は彼女達と一緒にやっていきたいって、思ってくれるかな?

    作者からの返信

    たしかに『誰とやりたいか』は大切ですよね。
    少なくとも蘭子は菜乃花に好意的なようです。
    偶然の出会いが運命を動かしていくこともあります。
    菜之花は導かれるようにかるたに惹かれていくかもしれませんね(^-^)。

    2019年2月5日 20:19

  • 知らない人が格好だけ見ると、とてもカルタをやる姿とは思えないかもしれませんね。
    部員が少ないと言うことは弱小なのでしょうか?団体戦だと、確か5人は必要だったと思いますが、初心者でもメンバーになれます?

    作者からの返信

    かるたとジャージはなかなか結びつきませんよね。

    団体戦のこと、よくご存じですねΣ(・ω・ノ)ノ
    そうなんです。五人必要なのです。
    いかにして五人が集まるかは、この先大きな物語となっていく予定です。

    それと、実は弱小というわけでもなくて・・・。
    続きを楽しみにしていただけたら嬉しいです(*´▽`*)。

    2019年2月5日 19:08