百花女子高校かるた部 ~近江神宮への道~

作者 和希

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第二章 初めてのかるた⑦へのコメント

     じゃれあう二人がかわゆいです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    菜乃花と蘭子はこうして友情を育んでいます(^-^)。

    2019年6月9日 14:12

  • 第二章 初めてのかるた⑥へのコメント

     まるで姫武者同士の一騎討ち(練習試合ですが)のようでした。清々しく美しいですね。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    何かに真剣に打ちこむ姿は美しいですよね(^-^)。

    2019年6月7日 22:37

  • 第二章 初めてのかるた⑤へのコメント

     こだわりの一枚というのが誰にでもあるものですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    好きな札、どうしても取りたい札など、特別な一枚があるようです(^_^)。

    2019年6月5日 18:49

  • 第二章 初めてのかるた④へのコメント

     勝負の行く末が気になります。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    菜乃花も負けたくはないでしょうからね。
    応援してください(^-^)。

    2019年6月3日 19:55

  • 第二章 初めてのかるた③へのコメント

     私ゃ古典落語でちはやぶるを覚えました。

    作者からの返信

    古典落語にもありますよね。
    面白いお話です(^-^)。

    2019年6月1日 17:56

  • 第二章 初めてのかるた②へのコメント

     女子高でも恋が関係するこ ズキューン!

    作者からの返信

    女子校での恋。
    百合ですかね(^_^;)。
    需要はありそうです。

    2019年5月30日 19:54

  • 第二章 初めてのかるた①へのコメント

     語呂合わせが中々巧みで一緒に覚えそうです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    決まり字の覚え方はなかなか良くできています。

    2019年5月28日 19:19

  • 第一章 入部⑨へのコメント

     殺し文句が効きましたね。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    おかげで菜乃花の心も決まったようです(^_^)。

    2019年5月26日 18:37

  • 第一章 入部⑧へのコメント

     ノーガードの殴り合い(※賞賛です)めいた試合でしたね。実に楽しめました。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    お楽しみいただけたようで良かったです(^-^)。

    2019年5月25日 07:08

  • 第一章 入部⑦へのコメント

     菜乃花は水にくくられましたね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    菜乃花もこうして『ちはやふる』の世界へと入っていきます( ̄▽ ̄;)。

    2019年5月22日 16:57

  • 第一章 入部⑥へのコメント

     部員の緊張感がひしひしと美しいです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    部活の空気感が伝わっていたら嬉しいです(^-^)。

    2019年5月20日 21:03

  • 第一章 入部⑤へのコメント

     本人の意思とは無関係に入部を認める……まさに電光石火の手際。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    本人の意思はちゃんと尊重しないといけませんね(^_^;)。

    2019年5月17日 23:00

  • 最終章 行ってきますへのコメント

    和希様

    素敵な終わり方ですね、面白かったです(^^♪
    そして追っかけるのが遅くて申し訳ないのですが、お疲れさまでした!
    青春に目頭が潤むこと多数でした、仕事中どうしてくれるんだと(笑)

    続きが気になるところです(#^.^#)
    いや、催促じゃないですよ、催促じゃ…

    ぴゅう

    作者からの返信

    こちらこそ、最後までお読みいただいて感謝の気持ちでいっぱいです。
    私も機会があれば続きを書いてみたいです。
    全国大会編、高校総合文化祭編など、アイデアはあります。

    ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
    応援も励みになりました(^-^)。

    2019年5月15日 23:14

  • 第九章 近江予選・後編⑨へのコメント

    はーちゃん良かったね…仕事中なのにうるうるしてます(/ω\)

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    葉月の思いもちゃんと報われました。
    葉月たちも近江に行かせてあげたかったですが、勝負の世界は厳しいですね(´・ω・`)。

    2019年5月15日 23:12

  • 第九章 近江予選・後編⑧へのコメント

    最後の行でぞくっとしました(#^.^#)イイデスネー

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    柚子の勝利がチームに勢いを与えました。
    怒涛の快進撃が勝利をぐっと引き寄せます。

    2019年5月15日 23:11

  • 第九章 近江予選・後編④へのコメント

    押しの菜乃花ちゃんが…浮き上がれ!息をするんだー(;´Д`)

    作者からの返信

    絶好調だっただけに怪我は痛すぎますが、菜乃花の気持ちは折れていません。
    応援してあげてください(^-^)。

    2019年5月15日 23:11

  • 第一章 入部④へのコメント

     これが地獄の幕開けだぁーっ! 覚悟しろ新兵どもーっ! まずは貴様らクソどものシャバっ気を叩きのめしてやる!

     すみません、作品を間違えました。

     これが地味なようで激しく華やかな主人公達とカルタ部の出会いであり、それはそのままカルタに感じた初心そのものにつながるのですね。

    作者からの返信

    勢いはそんな感じかもしれませんね(笑)。

    そうですね。
    菜乃花が最初に抱いたこの気持ちがどのような行動に結びついていくのか、見守っていただけたら嬉しいです。

    2019年5月15日 23:10

  • 最終章 行ってきますへのコメント

    遅くなってしまいましたが💦
    連載お疲れ様でした。

    部活って大変なことや乗り越えなきゃいけないことが山ほどありますが、それだけに得られるものも大きいですよね(自分の学生時代の部活での色々を思いだしながら、書いているコメントでして、妙なものになっていたらごめんなさい💦)


    菜乃花ちゃん達が向かうこれから。
    喜びも悲しみもあるのでしょうが、確実にあるのは勝ち負けだけではない繋がりや新しい出会い。


    競技かるたは私にとってまだまだ未知の世界ですが、未知の世界だからこその刺激を頂きました。


    🌸ありがとうございました🌸

    作者からの返信

    こちらこそ、最後までお読みくださりありがとうございました。
    部活が学校生活の中心だという人も多いかもしれませんね。

    菜乃花は競技かるたの世界に飛びこみ、世界が大きく広がりました。
    まだ知らない世界もあると思います。
    機会があれば、さらに菜乃花の成長を書いてみたいです。

    2019年5月15日 23:07

  • 第九章 近江予選・後編⑧へのコメント

    「データは嘘をつきませんから」

    みんなががんばってる中、テニプリのデータテニスを思いだしてしまった私はただのオタクでしょうか(・・;)


    私のアホな思考はともかく💦
    胸熱な展開ですね。
    菜乃花ちゃんの成長は微笑ましさよりも、たくましさを感じてしまいますしここまで(ゆっくりすぎるくらいにゆっくりですが💦)物語を追いかけてきて、すごくいい気分です🍀

    作者からの返信

    テニプリ人気ですね。舞台もいまだに盛況のようです(^_^)。

    いよいよ近江がかかった大一番ですからね。
    菜乃花もだいぶ成長しました。

    2019年5月15日 23:05

  • 第一章 入部③へのコメント

     かの夏目漱石は、漢文に進みたかったのに正岡子規に強引に和歌へ引き込まれたとかなんとか言いますし。←解釈が強引

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    そうだったんですねΣ(・ω・ノ)ノ!
    勉強になりました。

    2019年5月14日 22:05

  • 第一章 入部②へのコメント

     主人公、高校デビューの序章ですな。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    まさに序章です。ここから彼女の青春が始まります(^-^)。

    2019年5月13日 20:50

  • 第七章 近江予選・前編⑩へのコメント

    菜乃花ちゃん神…一家に一台欲しいですね、可愛い過ぎるー(´ω`)
    ぴゅう

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    菜乃花の明るさに、チームも救われています。
    彼女のひたむきさを応援していただけたら嬉しいです。

    2019年5月12日 05:35

  • 第一章 入部①へのコメント

     初めて読みましたが、とても鮮烈な刺激です! 以後贔屓に致します。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    少しでもお楽しみいただけたら幸いです(^-^)。

    2019年5月12日 05:35

  • 第四章 五人目の少女⑦へのコメント

    柚子先輩の燃え具合が目に浮かぶようです。頑張って~!

    作者からの返信

    柚子は負けん気が強いですからね。
    この機会に力を発揮してもらいたいですね(^-^)。

    2019年5月8日 05:23

  • 第四章 五人目の少女⑥へのコメント

    雛菊ちゃんが戻ってこられてよかったです……( ;∀;)

    作者からの返信

    雛菊自身もこれで救われたと思います。
    そして柚子も。
    雛菊の帰りをみんな待っていました。
    これで団体戦に臨めますね(^-^)。

    2019年5月8日 05:22

  • 第四章 五人目の少女⑤へのコメント

    土肥先生いいところありますね……( ;∀;)
    勘違いしていた自分を殴りたい……

    作者からの返信

    生徒には分からない、先生たち大人の世界があるようです。
    土肥先生の温かさがいつか生徒に伝わるといいですね。
    もしかしたら二年生コンビはそれとなく気づいているのかもしれません。

    2019年5月8日 05:21

  • 第四章 五人目の少女④へのコメント

    雛菊ちゃんの気持ちもわかってしまうがゆえに、苦しいです……。

    作者からの返信

    雛菊は繊細な子ですよね。
    部活に対するもやもやする気持ちがなかなか晴れないようです。
    早く救われるといいですね。

    2019年5月8日 05:19

  • 第四章 五人目の少女③へのコメント

    他校との練習試合というワードにわくわくしましたが、顧問の先生。ちょっと怖いです。何もなければ良いのですが……(゜ロ゜;

    作者からの返信

    初めての団体戦ですからね。はりきっています。

    土肥先生にも事情があるようです。
    厳しいですけど、温かい先生ですよ(^-^)。

    2019年5月8日 05:17

  • 第四章 五人目の少女②へのコメント

    雛菊ちゃんにも事情があって、何だか切なくなりました……。

    作者からの返信

    部活の人間関係が微妙な感じになってしまったようですね。
    すぐに解決してくれるとよいのですが(・_・;)。

    2019年5月8日 05:16

  • 最終章 行ってきますへのコメント

    ラストは蘭子とお母さんのシーンですか。
    またお母さんに良い報告ができるといいですね(^-^)

    臨場感溢れる試合の描写も、それぞれに抱える想いやドラマも、素晴らしかったです! 脱帽です!
    競技かるたの経験は無いんですよね?
    それなのにここまで完成された物語を描ける和希さん。尊敬します!

    完結、お疲れさまでした。
    そして、キラキラの青春物語、ありがとうございました!
    私も描きたくなりました(笑)

    作者からの返信

    全国編は書いていませんが、蘭子の母だったらきっと応援に近江神宮まで足を運ぶだろうという気がしています。
    菜乃花たち選手は抽選会のために前日入りしています。

    私の作品の中では過去最長で、一生懸命書きました。
    菜乃花たちの熱い思いや、高校生たちのドラマが伝わったなら嬉しいです(^-^)。

    なにかに全力に打ちこむ高校生たちの青春モノもいいですよね。
    私は次に何を書こうか考え中です(^_^;)。

    皆様の支えがあって、完結させることができました。
    改めて感謝申し上げます。
    ありがとうございました。

    2019年5月7日 20:33

  • 第九章 近江予選・後編⑨へのコメント

    やばい、何これ。
    めっちゃ泣ける(ToT)
    舞唱女子の後輩ちゃんたち、それ試合前に葉月に言ってあげてたら、また結果が変わっていたかもしれませんね。
    勝負の世界に勝敗は付きもの。誰かが笑えば誰かが泣くんですよね。でも、どちらの涙も温かいと感じました(T-T)

    そして百花女子、おめでとう。

    作者からの返信

    葉月は孤高の人だったんでしょうね。
    後輩たちは感謝の気持ちを抱きながらも、葉月に近寄りがたい崇高なものを感じていたのかもしれません。
    気持ちをぶつけ合える百花女子高にはあと一歩及びませんでしたが、葉月が作りあげた部も立派だったと思います。

    2019年5月7日 20:28

  • 第九章 近江予選・後編⑧へのコメント

    何でしょうね、この四校全てに勝って欲しくなる気持ちは。
    もう、ここで最終回でいいとさえ思ってしまいます(>_<)
    百花女子だけのドラマを見て来たのであれば、純粋に菜乃花たちだけを応援できたのに……。和希さん、何て気持ちにさせてくれるんですかっ!
    でも、最後まで見届けるのがここまで追って来た私のつとめ……。゚(゚´Д`゚)゚。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    ここまで勝ち残るまでに、どの学校もそうとう練習しただろうと思います。
    どの学校も応援したくなりますよね。
    最後まで、どうぞよろしくお願いいたします。

    2019年5月7日 20:26

  • 第九章 近江予選・後編④へのコメント

    菜乃花ちゃん、何やらすごい選手にぶつかってしまったような(・・;)

    左手という利き手でない不利の中、切り抜けられる何かがあればいいのですが……

    作者からの返信

    相手は本物の実力者です。
    ただ、目の前の相手に勝つだけが団体戦ではありません。
    菜乃花の必死さ、ひたむきさが、仲間の闘志に火をつけます。
    団体戦、五人で三つ勝つための戦いが始まりました。

    2019年5月5日 17:16

  • 最終章 行ってきますへのコメント

    競技カルタにかける青春、最後まで気持ちよく読ませていただきました。
    特に、チームや仲間への思いが書かれているところが好きで、自分もこんな仲間と青春を送りたかったと思いました。

    一つの区切りはつきましたが、彼女達のカルタはまだまだこれから。近江と言う目標としていた舞台に立つことが、新しいスタートになるのかもしれませんね。

    完結、おめでとうございます\(^o^)/

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    菜乃花たちは、自分たちでも感じている通り、仲間に恵まれましたね。
    彼女たちのチームワークの良さは、きっと全国で戦う上でも大きな武器になるでしょう。

    近江神宮編も書いてみたい気がします。
    近江で戦った経験が、きっと彼女たちを大きく育てることでしょう。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    温かいコメントのおかげで、最後まで書き上げることができました。
    改めてお礼申し上げます。

    2019年5月3日 22:28

  • 最終章 行ってきますへのコメント

    連載お疲れさまでした(^∇^)

    決勝戦では負けてしまいましたけど、近江神宮へ行くことができましたね。五人という少人数で、よく頑張りました(^^)
    かるたをすることで生まれた楽しさや友達を、これからもたくさん作っていってください。

    毎日の更新を楽しみにしていました。
    近江神宮編や、菜乃花達が二年生になってからのお話も、読んでみたいって思います( ^ω^ )

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    温かい声援のおかげで、なんとか最後まで書き上げることができました。

    近江への切符は手に入れましたが、まだまだ成長過程の五人です。
    この先も彼女たちの活躍をお祈りください。

    需要があれば、続きも書いてみたいと思います。
    次に何を書こうか、少し休みながら、じっくり考えてみたいと思います。

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
    これからもよろしくお願いいたします。

    2019年5月3日 22:23

  • 第九章 近江予選・後編⑨へのコメント

    勝った方も負けた方も、どちらも泣いていましたね。涙の意味は違っても、それぞれがこの大会に全身全霊をかけて挑んだからこそ流すことのできた涙なのでしょう。

    舞唱女子と香角高校の大会はこれにて終了ですが、来年はもっと強くなって帰ってくるだろうと思います。

    作者からの返信

    真剣勝負だからこその涙ですね。
    どんな分野であれ、涙を流すほど真剣に打ちこめるものがあるのは羨ましい気がします。
    青春時代の特権かもしれませんね。

    負けたほうも、翌日から新しいチーム作りがさっそく始まるでしょうね。
    来年はさらに群雄割拠な状況になるだろうと思います。

    2019年5月3日 22:19

  • 第九章 近江予選・後編⑨へのコメント

    それぞれが必死になって頑張って、掴んだ近江神宮への切符。涙を流しても、恥ずかしいことなんてありませんね。
    そして葉月、負けてしまったけれど、後輩達の想いを、聞くことができましたね。自分のやって来たことは間違いじゃなかった。そう思えたのなら、きっとこれから、もっと強くなっていくことでしょう。

    作者からの返信

    ここまで来るともう勝っても負けても涙ですね。
    菜乃花たち五人の頑張りを誇っていいと思います。

    また、葉月を慕う後輩たちもたくさんいます。
    葉月の思いは愛歌たちに受け継がれていくでしょう。
    来年の舞唱女子高校も強くなりそうですね。

    2019年5月3日 22:17

  • 最終章 行ってきますへのコメント

    連載お疲れさまでした。
    競技かるたという私にとっては未知の世界の話だったのですが、分かりやすく書かれていて楽しく読んでました。
    みんなそれぞれの思いを胸にいよいよ全国大会ですね。
    菜乃花は競技かるたを選んでよかったですね。

    作者からの返信

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    温かいコメントにいつも励まされていました。

    菜乃花が選んだ道はまちがっていなかったと思います。
    多くの出会いがきっと彼女を成長させていくでしょう。
    全国編も書く機会があればいいなと思います。

    2019年5月3日 22:14

  • 第九章 近江予選・後編⑨へのコメント

    負けて泣いた人もいれば勝って泣いた人もいましたね。
    色々な思いがぶつかった準決勝でした。
    この時の思いを忘れず、近江神宮だったり翌年に向けて練習に励んでいくのでしょうね。

    作者からの返信

    勝って泣き、負けて泣いて。
    青春ってそういうものかもしれませんね。
    勝ったほうも負けたほうも、この準決勝はしばらく忘れられないのではないでしょうか。
    この試合を糧にして、共に成長していってほしいですね(^-^)。

    2019年5月3日 22:09

  • 最終章 行ってきますへのコメント

    いよいよ全国大会へ。
    部活に全力を注ぐ高校生たちの情熱。
    それぞれの高校の選手たちの背景や、試合風景の熱気が伝わり、拝読していてとても面白かったです。

    続編もあるのでしょうか。
    楽しみです。o(^▽^)o

    作者からの返信

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
    温かいコメントも嬉しかったです。

    菜乃花たちにも、他校の選手たちにも、それぞれドラマがあります。
    高校生たちの情熱は素敵だなと思います。
    需要があれば続編も書いてみたいです。

    少し休んで、次に何を書こうかじっくり考えてみたいと思います。
    かるたの話になるかもしれませんし、ちがう物語になるかもしれません。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    2019年5月3日 17:52

  • 最終章 行ってきますへのコメント

    お疲れ様でした。
    うん。王道部活もの青春一直線でしたね。
    競技かるたという未知の世界の魅力も存分に描かれていて、とてもわくわくしながら読めました。
    全国大会の様子とか菜乃花たちが二年生になってからとかまだまだ続編が書けそうですね。
    とても面白かったです!

    作者からの返信

    青春のきらめきが上手に描けていたでしょうか?
    だとしたら嬉しいです。

    続編も書けそうな気がします。
    特に、来年の県大会は大激戦だと思います(^_^;)。

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
    おかげさまで無事書き上げることができました。
    これからもよろしくお願いいたします。

    2019年5月3日 17:47

  • 第一章 入部②へのコメント

    初めまして。

    偶然見つけてたどり着きました。
    ちはやふるが好きなので、競技かるたにワクワクします。

    作者からの返信

    見つけていただけて嬉しいです(^-^)。
    競技かるたの団体戦をテーマにした作品になっていると思います。
    ちはやふるみたいな恋愛要素は少なめですが、少しでもお楽しみいただけたら幸いです。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    2019年5月3日 17:42

  • 第九章 近江予選・後編⑧へのコメント

    いかん! マジで泣けてきた(T_T)
    百花女子はいいチームですね。
    明日終わっちゃうのか~。

    作者からの返信

    行きすぎた厳しさのために孤立してしまった葉月。
    いら立ちをぶつけた時に叱ってくれた親友がいた柚子。
    この大きな違いが両校の運命を大きく左右したようです。
    葉月は県内一、二を争う実力者ですが、絶対的なエースがいるからと言ってチームがまとまるとは限りません。
    逆に、百花女子高校はエースが絶対的でないがゆえに、まとまったのかもしれません。
    団体戦は難しいですね。

    明日、二話分あげます。
    最後までお付き合いいただけたら幸いです。

    2019年5月2日 21:59

  • 第九章 近江予選・後編⑦へのコメント

    近江に行くのは百花女子やー(/・ω・)/ーー!
    でも、勝負の世界何があるか分かりませんからね。

    不得意なリーダーシップを取らなくてはならなくなったからこんなことになってしまったのでしょうか?
    多分、意見してくれる人もいなかったのでしょう。ちょっとかわいそうな気はします。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    葉月には可哀想なことをした気がします。
    せめて葉月の同期に理解者がいてくれたよかったのですが……。
    孤立してしまうと気の毒ですよね。

    2019年5月2日 21:55

  • 第九章 近江予選・後編⑧へのコメント

    青春ドラマの1ページ、まさにそうですね。
    対戦相手にもそれぞれのドラマがある。
    どのチームにも勝たせてあげたいと思うほど、イキイキと描かれていますね。

    百花女子高怒涛の快進撃!
    楽しみにしています。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    そう言っていただけて嬉しいです。
    どのチームにも勝たせてあげたい。本当にそうですね。

    明日で最終回を迎えます。
    最後までよろしくお願いいたします。

    2019年5月2日 21:53

  • 第九章 近江予選・後編⑧へのコメント

    どのチームにもそれぞれドラマがあり、ここにいる誰もが、既に個人の勝敗がついた人達も含めて必死に戦っていますね。
    もしかしたら、こんな青春ドラマの一ページみたいな経験は誰にでも起こりうるもので、だけど何一つとして同じものはないのかもしれませんね。

    試合もついに終盤。柚子のもぎ取った一勝がくれた勢いにのって、なんとか勝利を掴んでほしいです。

    作者からの返信

    チームの数だけドラマがあります。
    皆様がいろいろなチームに身を置いて、それぞれの雰囲気を感じ取っていただけたら嬉しいです。
    相手チームのNo.2真田愛歌を倒しました。
    気持ちの強い愛歌が折れたことで、敵は崩れはじめます。
    このまま一気に畳みかけてしまいましょう。

    明日で最終回です。

    2019年5月2日 13:59

  • 第九章 近江予選・後編⑧へのコメント

    個対集団になった時、いかに流れが変わるかは前回明らかになりましたからね。このまま一気に勝利をおさめるのでしょうか?

    そして百花女子も、流れを掴みましたね。声かけをして、気圧されていたなら激を飛ばして、全員で挑んでいくのが百花女子のかるた。最後まで自分達のスタイルを貫いてください(^∇^)

    作者からの返信

    そうですね。
    どんなに強い選手でもまだ高校生です。精神面が結果を大きく左右します。
    百花女子には支え合う仲間がいます。
    時に衝突し、傷ついても、励ましあって目標へと向かっていける集団の力があります。
    応援してあげてください。

    明日で最終回です。

    2019年5月2日 13:55

  • 第九章 近江予選・後編⑦へのコメント

    葉月さんの葛藤と苦悩。
    力が入りすぎたのかな。
    楽しむことも大事ですが、やはりやるからには勝負に勝ちたいですよね。

    葉月さんはいい後輩に救われましたね。
    (o´∀`)b

    作者からの返信

    葉月は一人で部に尽くしてきましたが、同級生は離れてしまいました。
    楽しいだけでは駄目で、真剣さはなくてはいけない。
    でも、勝利に固執するあまり窮屈になってもいけない。
    バランスを取るのは大変です(・_・;)。

    愛歌は強さを求めているので、葉月の考えが理解できるようです。
    後輩には信頼を得ているようですが……。

    明日(5月3日)で完結します。

    2019年5月2日 13:23

  • 第九章 近江予選・後編⑦へのコメント

    葉月の気持ち、プレッシャーは分かる気がします。
    でも、葉月自身も責任感ばかりが先に立って楽しめていないのなら切ないなと思いました。
    ただ、今日まで辞めることなく部長として戦い続けて来たその強さは尊敬します。

    うーん、この一戦、結果はどうなっちゃうんでしょうっ?

    作者からの返信

    強豪あるあるだと思います。
    前年度に全国に出場してしまうと、次の代も続かなければという気持ちが強くなると思います。
    葉月には少し可哀想なことをした気がします。
    救いのある展開にしてあげたいと思っています。

    5月3日に完結する予定です。
    もう少しだけお付き合いください。

    2019年5月1日 20:56

  • 第九章 近江予選・後編⑥へのコメント

    何やら不穏な空気が……。
    まあ、今でこそいい雰囲気ですけど、一応百花女子でも波乱はありましたもんね。
    とは言え、一斉退部とは穏やかじゃないですよね(汗)

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    百花女子の波乱を覚えていてくださり、ありがとうございます。
    今回はその出来事を含んだ展開になると思います。

    柚子と葉月、十文字時矢や鮎川聖来も含め、四校の主将にクローズアップして描いていけたらと思っています。

    2019年5月1日 20:54

  • 第九章 近江予選・後編⑤へのコメント

    精神的に負けちゃったら、しんどいだけになっちゃいますもんね! 何とか雛には諦めずに頑張って欲しいです。

    松平さん……いじめ、じゃないですよね?(汗)

    作者からの返信

    雛菊は練習を休んだ日々を後悔しています。
    ですが、けっして心は折れていません。
    ここで挽回しようと懸命に取り組む雛菊は、精神的に強くなったと思います。

    いじめではありませんよ(^_^;)。
    葉月だけ三年生で、あとはみんな二年生なんです。
    ぎくしゃくした状況のようですね。

    2019年5月1日 20:31

  • 第九章 近江予選・後編⑦へのコメント

    葉月さん、ちょっと空回りしちゃったんですね。肩に力が入りすぎたというか。
    でも実力は折り紙つきなのでこれは悲しいかもですね。
    んー、これはどっちが正しいとも言いにくい。
    これで負けると「やっぱり葉月がキャプテンだったからだめだった」ってことになっちゃいますからね。
    ちょっと応援したくなるんですが……。
    こりゃ難しいですね。

    作者からの返信

    実力は間違いなく本物です。
    県内で一、二を争う強さだと思います。
    葉月は一途に近江を目指しましたが、やり方が不器用だったようです。
    近江に行かせてあげたいですね。

    2019年5月1日 18:09

  • 第九章 近江予選・後編⑦へのコメント

    近江行きと言う目標のために全力を尽くすのも、のびのびと楽しいカルタをやると言うのも、どっちが正しいと言う話じゃないですし、互いの本音が分かっていればこんな事にもならなかったんじゃないかと思います。
    部の為を思ってやっただけに、このすれ違いは悲しいですね。

    それでも、今まで頑張ってきた分は、なんとか報われてほしいです。
    もちろん百花女子にも勝ってほしいですが、例えどのチームでも、ここに来るまでの苦労や努力を知ってしまうとどうしても感情移入してしまいます。
    できる事なら、どっちも近江に行ってほしいです(>_<)

    作者からの返信

    おっしゃる通りですね。
    葉月は頑なに近江を目指し、価値を一元化したために、同級生から反感を買いました。
    葉月のそばに良き理解者がいればよかったのですが……。

    ここまで勝ち上がるために、どの学校もそうとう努力をしていると思います。
    しかも、A級・B級がこんなにいる県も珍しいのではないでしょうか?

    どちらの学校も全国で戦える実力は備えています。
    片方がここで消えてしまうのは、もったいないですよね。

    2019年5月1日 18:07

  • 第九章 近江予選・後編⑦へのコメント

    近江に行くことが全てじゃなくて、楽しくかるたをやりたかったという気持ちもわかります。菜乃花なんかも、勝つことよりもまずはかるたの楽しさを知ったからこそ、やる気になったのでしょうし。

    ひた向きな思いが、常に報われるとは限らない。先輩達の築いてきたものを守ろうと頑張った結果、一緒に頑張っていた皆が離れていくとは皮肉ですね。

    作者からの返信

    葉月は本当に不器用だったのだと思います。
    近江に行くことがすべてだと周囲に思われてしまったようです。
    葉月の一途な想いも報われてほしいと思いますが……。

    書いた本人としては、
    「多様性を受け入れる鮎川聖来」と「価値を一元化する松平葉月」
    という構図を考えていました。

    十文字時矢や小笠原柚子も含め、主将像のちがいが上手く描けたらいいなと思っています。

    2019年5月1日 18:02

  • 第九章 近江予選・後編⑥へのコメント

    ずっと疑問に思ってたのですが、負けて試合が終わっても他の選手に声掛けするのはアリなのですね、なるほどなるほど。
    大事件を乗り越えての大会なのですね。しかし、その事件が影を落としているようで。何があったのでしょう、気になります。

    作者からの返信

    五人が横に並んで試合をしています。
    負けてもその場に残り続けるので、横並びの仲間たちに声をかけることができるのです。
    かるたの団体戦ってイメージ沸かないですよね( ̄▽ ̄;)・

    強豪校ならではの悩みがあったようです。
    5月3日に終える予定です。
    最後まで引き続きお楽しみいただけたら幸いです。

    2019年5月1日 05:10

  • 第九章 近江予選・後編⑥へのコメント

    三年生の一斉退部。
    葉月さんはそれに関わっていたのでしょうか。
    相手チームはギクシャクしていますね。

    百花女子高はチームワークでここまで勝ち進みました。
    そのチームワークを武器に、頑張って欲しいですね。(o´∀`)b

    作者からの返信

    葉月には悪いことをした気がします(´・ω・`)。

    絶対的なエースがいる舞唱女子高校より、足りない分を補いながら力を合わせて戦う百花女子高校のほうが、チームワークはよさそうですね。
    ぶつかった時もありましたが、今ではすっかり仲良しです(*^-^*)。

    5月3日に終える予定です。
    最後までお楽しみいただけたら幸いです。

    2019年5月1日 05:08 編集済

  • 第九章 近江予選・後編⑥へのコメント

    菜乃花は負けてしまいましたけど、個人の勝ち負けだけがチームへの貢献ではないというのが、団体戦の面白いところですよね。
    菜乃花は怪我をしているのに頑張ったんだと、周りを奮い立たせるだけの力があります。この一敗で、こっちが勢いづけばいいのです!

    一方相手は、何やら事情を抱えているよう。
    三年生に、何があったのでしょうか?

    作者からの返信

    菜乃花の負けは残念でしたが、自身も含め、メンバーにとっては想定内だったと思います。
    柚子が愛歌を倒せばイーブンになりますが、対戦相手にしてみれば、愛歌の負けは菜乃花の負け以上にダメージが大きいと思います。
    菜乃花の仕事はまだ終わっていません。
    むしろここからが菜乃花の頑張りどころかもしれませんね。

    強豪あるあるだと思います。
    次回は葉月にはかわいそうな展開ですが、救いもありますので、安心してお楽しみいただけたらと思います。

    5月3日に終える予定です。
    最後までよろしくお願いいたします。

    2019年5月1日 05:05

  • 第九章 近江予選・後編⑥へのコメント

    この大一番で、しっかりカルタを楽しめる柚子。負けていても、声かけで皆に力を与えてくれる菜乃花。一勝はとられてしまいましたがそれに飲まれる事なく、まだまだ勝負はこれからと言った感じですね。

    一方、相手に漂うギクシャクした雰囲気。百花の勝利だけを考えると追い風になるかもしれませんが、例え対戦相手でもそんな場面を見ると心苦しくなります。

    作者からの返信

    菜乃花が負けても、柚子が愛歌に勝てばイーブンですからね。
    試合自体が終わるわけではありません。
    菜乃花も最後まで自分の役割を果たそうとしてくれています。

    葉月も苦しいでしょうね。
    私も書いていて心苦しかったです。
    救いも用意してありますので、ご安心ください。

    5月3日に完了予定です。
    最後までお楽しみいただけたら嬉しいです。

    2019年5月1日 04:59

  • 第九章 近江予選・後編⑥へのコメント

    あらあら、強豪校になにがあったんでしょうか。でも三年生が抜けても十分強いところがなんともすごいですね。
    菜乃花負けちゃいましたけど、チームの役割はしっかり果たしてますね。

    作者からの返信

    強豪校あるあるだと思います。
    菜乃花は負けましたが、菜乃花の仕事は終わっていません。
    菜乃花らしく、しっかりチームに貢献してほしいですね。

    5月3日に終わる予定です。
    最後までお読みいただけたら嬉しいです。

    2019年5月1日 04:56

  • 第九章 近江予選・後編⑤へのコメント

    雛菊さんは休んだことを悔いていますが、確実に精神面は強くなっていますね。

    葉月さんに仲間が声をかけない理由。
    これは相手方の作戦なのか、それとも弱点なのか……。

    作者からの返信

    精神的に強くなって、試合でも大きく活躍してくれていますね。

    葉月には悪いことをした気がしてきましたが……。
    最後までお読みいただければ、葉月も報われるはずなので、続きをお楽しみいただけたらと思います。

    2019年4月30日 10:18

  • 第九章 近江予選・後編⑤へのコメント

    練習を休んだと言うのはどう考えてもマイナスになるので、こう言うギリギリの勝負になるとどうしても悔やんでしまいそうですね。
    だけど過去を振り替えるよりも、みんなと一緒に戦っている今を見て気持ちを奮い立たせてほしいです。

    どうして松平葉月には声をかけないのでしょう? 作戦とは考えにくいですし、何かいざこざでもあるのかなと勘ぐってしまいます。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    こういう大事な場面で、練習を休んだツケが回ってきますよね(-_-;)。
    雛菊にはなんとか奮起してほしいところです。

    葉月には気の毒なことをしたかもしれません、、、。

    2019年4月29日 19:59

  • 第九章 近江予選・後編⑤へのコメント

    何だろう、孤立でもしてるのでしょうか?
    それとも声かけるな見たいな?
    菜乃花もですが雛菊はチームのムードメーカーだと思うので是非攻勢に転じて欲しいです。

    近況ノート拝見しました。
    完結が応募条件なのですね。という事はこの作品あとちょっと??
    頑張って下さい、応援してます!

    作者からの返信

    声をかけたり、かけられたりを苦手とする選手はいるでしょうね。
    でも、葉月の場合は少し事情が異なるようです。

    近況ノートまで目を通していただき、ありがとうございました。
    執筆に追われて皆様の作品に触れることがあまりできておりません(-_-;)。
    書き上げたら、また読ませていただきますね。
    応援ありがとうございました。

    2019年4月29日 19:57

  • 第九章 近江予選・後編⑤へのコメント

    雛菊、休んでしまっていたことを悔やんでいますね。今さら言っても仕方がないとわかっていても、どうしてもたらればを考えてしまいますからね。
    だけどそんな後悔に呑まれないのは、彼女が強くなった証拠です。まだ逆転のチャンスはあるのですから、気持ちで負けてはいけませんね。

    松平葉月に声をかけない理由が、付け入る隙になったりするのかな?

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    休んだツケはこういう大事な場面で払わされるのが常ですよね(・_・;)。
    雛菊はこの窮地を乗り越えられるでしょうか?

    葉月にはかわいそうなことをしたかもしれません、、、。

    2019年4月29日 19:55

  • 第九章 近江予選・後編④へのコメント

    どれだけ持ちこたえられるかがカギになってくるとは思うのですが、如何せん相手が強すぎますね。
    しかし、左手とは器用なことをするな、と。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    左手で素振りをしていた伏線は張っておいたのですが、、、それでもさすがに厳しいですよね。
    今回の相手は本物です。かなり強いと思います。

    2019年4月29日 19:53

  • 第九章 近江予選・後編④へのコメント

    うーん、これは菜乃花には荷が重い相手でしょうねーΣ(-᷅_-᷄๑)
    反撃の術はあるのでしょうか。

    それにしても菜乃花。意外と詩人ですね^_^
    意外は失礼かな?(汗)

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    今回の菜乃花は、ついに本物とぶつかってしまいました(-_-;)。
    準決勝まで来ると、みんな強そうですね。
    菜乃花も感性が豊かなのかもしれませんね(笑)。

    2019年4月28日 21:05

  • 第九章 近江予選・後編④へのコメント

    『優雅なる守護者』これはまた凄い人物が現れましたね。
    完成度、実力の差は歴然ですが、菜乃花さんには気力で頑張ってほしいですね。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。
    さすがに今回は相手が強すぎますね。
    個人戦なら負けて終わりですが、団体戦なら菜乃花が当たって正解だと思います。
    チームの勝利のため、菜乃花にも頑張ってほしいですね。

    2019年4月28日 18:30

  • 第九章 近江予選・後編④へのコメント

    葉月さん、カッコ良すぎ!
    惚れました!

    ところでかるたは対戦中に利き腕変えたら行けないんですか。

    作者からの返信

    葉月さんは強すぎますね。
    ラスボス感があります。

    対戦中は代えられないはずです(;・∀・)。

    2019年4月28日 18:32

  • 第九章 近江予選・後編④へのコメント

    利き手が使えないと言うハンデを除いても、圧倒的に格上の相手のようですね。ここまで勝ち残ってきただけの事はあります。
    それでも、まずは一枚、なんとか流れを変えるような取りを決めてほしいです。

    作者からの返信

    圧倒的に格上ですね。
    さすがに今回は相手が悪かったです( ̄▽ ̄;)。
    それでも粘らないといけないので大変ですが……。
    菜乃花にも一矢報いてほしいですね。

    2019年4月28日 18:33

  • 第九章 近江予選・後編④へのコメント

    力の差がありすぎますね。E級とA級、しかもこっちは左手で取ることを余儀なくされている。元々勝ち目の薄い勝負ではありましたけど、こうも攻められないとは。
    心を 折られないかが心配です。ムードメーカーの菜乃花は周りに元気を与えてくれるだけに、彼女が屈してしまったらその余波が広がってしまいそう(>_<)

    作者からの返信

    今回は実力差がありすぎますね(・_・;)。
    ただ、菜乃花がA級の選手を引き受けることで、チームの勝利の可能性が見えてきます。
    たとえ負けたとしても、気持ちだけは折れずに、チームを鼓舞してほしいところです。

    2019年4月28日 18:35

  • 第六章 予選前、雨模様⑥へのコメント

    菜乃花はムードメーカーですね(´ω`)
    可愛い~好きです~
    みんなで書いた絵馬、叶うといいです!

    ぴゅう

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    菜乃花もきっと喜ぶと思います(*^-^*)。

    絵馬にみんなで願い事を書く。
    そんな青春がしてみたかったです( ̄▽ ̄;)。

    2019年4月27日 20:56

  • 第八章 近江予選・中編⑦へのコメント

    競技かるたの世界は奥深いですね‼︎
    私にはとても無理な競技ですが……自分が出来ないからこその奥深さ……


    今更ながらですが、競技かるたの漫画とかじっくり読んで見ようかな。
    youtubeとかにも競技かるたの動画とかあったら見てみたいです🌸

    作者からの返信

    奥が深いです。
    私にも分からないことがたくさんあります(^_^;)。
    経験者の方はすごいなと思います。
    競技かるたは最近ブームみたいなので、いい動画や本などが見つかるかもしれませんね(^-^)。

    2019年4月27日 20:55

  • 第九章 近江予選・後編③へのコメント

    これはもう雲の上の戦いですね。どっちもメチャ強いのかなと。
    でも行けるのは1校だけ。厳しい戦いですね。

    作者からの返信

    そうですね。
    ベスト4までいけば、もうどこも強いと思います。
    光貴女学院は、昨年優勝した香角高校を倒せるでしょうか。

    作者もまだ決めかねています、、、(;・∀・)。

    2019年4月27日 20:52

  • 第九章 近江予選・後編③へのコメント

    若干、異名とかファンタジー要素が入って来てて笑っちゃいました(笑)
    見応えのある試合になりそうな予感ですが、百花女子の試合でないだけで、安心して楽しめますε-(´∀`; )

    でも、文字数の話。まさか、よもや、近江編が無いなんて……? まさか、まさか、まさか(>_<)

    作者からの返信

    キャラクターが多いので、異名でもつけてキャラ立ちさせないと分からないかと思って(^_^;)。
    百花女子と光貴女学院の試合は同時進行です。

    近江編は、需要があればいずれ書こうかなと思いますが、今はこの予選を書き上げることで精一杯です。
    執筆の速度があがらず、けっこうピンチです(;・∀・)。

    2019年4月26日 23:34

  • 第九章 近江予選・後編③へのコメント

    香角高校はてっきり将棋だと思っていました。

    さすがにここまで来るとどちらのチームも選手のレベルが高いですよね。

    これは百花女子、この試合勝てても決勝戦は厳しいものになりそうです。

    作者からの返信

    将棋はよく分からなくて(^_^;)。
    決勝まで余力はないかもしれませんね。
    とにかくこの試合で勝てば近江なので、ここに全力を注ぎます。

    2019年4月26日 23:36

  • 第九章 近江予選・後編③へのコメント

    一人で指揮を執る時矢。彼を崩せば一気に流れが傾きそうですが、もちろんそれも分かっている上でこの戦術をとっているのでしょうね。
    かかる負担と言う面では誰よりも大変でしょう。にも関わらずあんな軽口を叩けるとは、それだけ自信があるのか、それとも元々の性格か。

    個人の実力とチームの柱を両立すると言う面では、光貴女学院における聖来の存在の大きさも相当なものですね。この二人の対決の行方が、そのままチーム全体の勢いに繋がっていきそうです。

    作者からの返信

    周りを勝たせつつ自分も勝つという戦術は、時矢にはかなり負担が大きいですよね。
    本人は喜んでやっているようですが(^_^;)。

    聖来の存在はチームに欠かせません。
    聖来がいるだけでチームメイトは心強いと思いますが、せっかくなら聖来に勝ってもらって、勢いに乗っていきたいですね。

    2019年4月26日 23:41

  • 第九章 近江予選・後編③へのコメント

    『盤上の指揮者』かっこいいですね。
    光貴女学院の生徒も闘志に燃えてますね。
    鬼にも修羅にもとは、気迫が凄い。
    こちらの勝負も楽しみですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    光貴女学院も必死です。気迫を感じますね。
    こちらでも負けられない戦いが繰り広げられています。

    2019年4月26日 23:42

  • 第九章 近江予選・後編③へのコメント

    近江神宮行きが掛かった大事な一番と言うだけあって、光貴女学院の面々も気合いが入っていますね。

    時矢は妹に気苦労を掛けて、一見軽率に見えますけど、チームの事はしっかりと考えいるように思えます。もしかしたらこんな大事な一戦を前に軽口を叩ける時矢は、胆が座っている大物なのかも。

    両校とも対戦選手の級位にほとんど差はありませんし、勝負の行方は予想がつきません。

    作者からの返信

    勝てば近江ですからね。みんな気合が入っています。
    時矢がチームのことをどれだけ考えているかは未知数です。
    時矢と聖来の直接対決。
    たしかにこの二人の対戦が、そのままチームの勝敗を大きく左右しそうですね(;・∀・)。

    2019年4月26日 23:45

  • 第九章 近江予選・後編②へのコメント

    な、名前だけは負けているっ(汗)
    でも、気持ちと技で勝ちに行きましょう!
    近江行きの切符、掴んじゃいましょう!
    和希さんこの連載、まだまだ続きますよ、ね?(ドキドキ)

    作者からの返信

    名前にひるまず頑張ってほしいですね。
    勝負の世界は厳しいですが、勝ちにいってほしいです。
    連載は……。
    16万字以内で収めようと思っています(賞の応募条件に合わせて)。
    そろそろストックが尽きそうです(-_-;)。

    2019年4月26日 04:39

  • 第九章 近江予選・後編②へのコメント

    オーダーを見て竦みそうになったのは私だけでしょうか?
    しかし、勝ちしかない! 勝ちしかないです。
    頑張れ百花女子!

    作者からの返信

    たしかに相手も強そうですが、この試合だけは負けられません。
    頑張ってほしいですね(;・∀・)。

    2019年4月25日 21:44

  • 第九章 近江予選・後編②へのコメント

    これに勝てば近江神宮。大きな緊張と不安もありますけど、それに呑まれないよう気合いも入れてもらいましたし、あとは全力でぶつかるだけですね。
    菜乃花のケガはやはり気がかりですけど、作戦通り松平葉月と当たりましたし、状況は不利というわけではないですね。
    大事なのはチームで勝つこと。各々の奮闘する姿は、きっと互いを励みになることでしょう。
    百花女子、頑張れ(っ`・ω・´)っ

    作者からの返信

    土肥先生に気合を入れてもらった百花女子高校のメンバーたち。
    菜乃花は読み通りA級選手と当たりました。
    菜乃花の頑張りが仲間に火をつけられるかどうか注目ですね。

    2019年4月25日 21:54

  • 第九章 近江予選・後編②へのコメント

    土肥先生の一発で皆気合入りましたね。
    柚子さんの闘志がこちらに伝わってきます。
    私も気合い入れて、試合を拝読します。
    o(^▽^)o

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    読者の皆様は気負わず、お気軽にお楽しみくださいませ(笑)。
    柚子も勝てるといいですね。

    2019年4月25日 21:55

  • 第九章 近江予選・後編②へのコメント

    うん!いい気合いです!
    これは負けられない戦いですね。
    A級選手に菜乃花をぶつける作戦も見事にハマってます。
    あとはみんなの力量次第。勝てない勝負ではありません。
    がんばれ、百花女子!

    作者からの返信

    近江がかかった負けられない戦いです。
    菜乃花たち五人の頑張りで、未来を切り開いていってほしいですね。

    ちなみに舞唱女子は、苗字は戦国武将ですが、名前はセーラー〇ーンっぽいものにしてみました。
    作者も名前で楽しんでいます(^_^;)。

    2019年4月25日 21:58

  • 第九章 近江予選・後編②へのコメント

    いよいよ近江神宮まであと一勝。最初からそこを目標に練習を続けてきたわけですが、いざ目の前に迫ると、やはり特別な緊張感があるように思えます。

    オーダーに書かれている級を見ると、こちらが若干不利に思えます。ですが今まで、そして今日一日で成長してきたと言う勢いに乗って、勝利をもぎ取ってほしいです。

    作者からの返信

    この試合はみんな緊張するでしょうね。
    オーダーを見ると、級ではだいぶ負けていることが分かります。
    ですが、みんなの頑張りで互いを鼓舞しながら頑張ってほしいですね。
    菜乃花たちのこと、応援してあげてください。

    2019年4月25日 21:59

  • 第九章 近江予選・後編①へのコメント

    せ・い・しゅ・ん(*´꒳`*)
    いいですねー、この清々しい空気感が。
    泣いても笑っても後一試合、なんですよね?
    ここは気合いを入れたいところなのに、菜乃花は相変わらずでσ^_^; でも、そこが良いところ。周りもうまく気持ちの切り替えができそう。
    でも、手は痛み止めとか飲んだりしなくて大丈夫なのかなぁ? 心配です。

    作者からの返信

    秀丘学園も清々しく描けた気がしています(^-^)。
    あと一試合ですね。
    菜乃花には考えがあるようなので、私も信じてみたいと思います。

    2019年4月24日 21:50

  • 第八章 近江予選・中編⑦へのコメント

    勝ったけど、勝ったけど……翔子ー。゚(゚´Д`゚)゚。 太河ー。゚(゚´Д`゚)゚。
    この試合が二人にとって新しい一歩となりますように(ToT)

    そして、蘭子。百花女子。おめでとう!!

    作者からの返信

    翔子と太河の関係も爽やかに描けていたらいいなと思っています。
    この先二人はチームを強くするために頑張るのでしょうね。
    二人の関係が恋に代わる日が、やがて来るかもしれませんね(^-^)。

    2019年4月24日 21:50

  • 第九章 近江予選・後編①へのコメント

    『優雅なる守護者』かっこいいですね。
    『無邪気な能天気』に笑えました。
    緊張も緩み、和やかな雰囲気が伝わります。
    あと一勝、頑張って欲しいですね。
    (^^)

    作者からの返信

    休憩時間はどこにでもいるような女子高生たちですよね。
    試合がはじまると、みんな真剣な表情に変わりますが。
    菜乃花のおかげで明るく過ごせたようです(^_^)。

    2019年4月24日 21:48

  • 第九章 近江予選・後編①へのコメント

    ほうほう。武将ですか?
    伊達さんとか出てきそうな感じが。
    実は次の高校どこと当たるのか楽しみにしていたんです。ふふふ。

    秀丘のメンバー、みんな悪い奴じゃなさそうですね。
    これは蘭子と菜乃花にとっていいライバルになりそうです。

    作者からの返信

    では伊達さんにします(笑)。
    応援してあげてください。

    秀丘学園も爽やかに描けていたらいいなと思います。
    来年は強くなるでしょうし、将来が楽しみですね。

    2019年4月24日 21:46

  • 第九章 近江予選・後編①へのコメント

    名前を憶えて貰えた=ライバルになれたという事でしょうか? 夢の近江まであと1勝、競合相手にどこまでやることが出来るのでしょうか?

    作者からの返信

    ライバルとして認めてもらえたのでしょうね。
    だから名前を覚えてもらえたのだと思います(^-^)。
    この試合も厳しい戦いになりそうですね。
    近江神宮という夢舞台に向け、最後の力をふりしぼって頑張ってほしいです。

    2019年4月24日 21:44

  • 第九章 近江予選・後編①へのコメント

    あと一つ勝てば全国大会。もちろんどの試合も大事ですが、より一層力が入りますね。翔子達の応援も、力に変えてほしいです。

    秀丘学園は、これから更に強くなりそうですね。今回は翔子にも勝てましたけど、ライバル関係はまだ始まったばかりかも。
    少し気が早いですが、来年お互いに成長した状態で戦うのが楽しみです。

    作者からの返信

    ライバルに応援してもらえるって、嬉しいですよね(^-^)。
    まずは近江に行って大きな経験を得てきてほしいですね。
    来年は翔子たちも強くなるでしょうし、さらに激戦が予想されます。
    気が早いですが、来年の予選も熱い試合が多くなりそうですね。

    2019年4月24日 21:43

  • 第九章 近江予選・後編①へのコメント

    近江まで残り一勝。菜乃花のケガは気がかりですけど、ここまできたのですから、無理は禁物ですけど悔いの残らないよう、最後まで頑張ってほしいです。

    ついに翔子に名前を覚えられた蘭子。きっと秀丘学園は今回の敗北をバネにして、来年もっと強くなってくるでしょうね。
    ライバルと認められたのなら、こっちも負けていられませんね。まずは次の大一番で勝利を納めて、近江に行けるかな?

    作者からの返信

    ここまで来て悔いの残る試合はしたくないですね。
    菜乃花たちのことだから、全力でぶつかってくれると思います。

    翔子のいる秀丘学園も爽やかに描けた気がします。
    来年は強くなるでしょうね(^-^)。

    2019年4月24日 21:41

  • 第八章 近江予選・中編⑦へのコメント

    へえ、そんな戦術があるのですか、
    奥が深いぜかるた!

    熱い試合でした。蘭子さんお疲れ様です。

    作者からの返信

    かるたは考えなければならないことが多いので大変です(・_・;)。
    お互いにとって得るものの多い熱戦となったようです。
    さらなる成長につながるといいですね(^-^)。

    2019年4月24日 04:40

  • 第八章 近江予選・中編⑦へのコメント

    札分とは……
    これは百花女子高、チームプレーの勝利ですね!
    翔子さんも頑張った。
    個人戦ならどうなっていたかわからない。

    百花女子高!三勝!
    お見事です。おめでとうございます。

    作者からの返信

    チームプレーの差が出ましたね。
    個人戦なら翔子のほうがまだ強いでしょうね。
    苦しみながらも四回戦に進出することができました(^-^)。

    2019年4月23日 21:20

  • 第八章 近江予選・中編⑦へのコメント

    最後は運命戦。一進一退の戦いの決着は運に任せることになるかと思いきや、ここでも個人戦と団体戦の違いが出ましたね。
    声かけや、最後の最後でのチームプレー。ずっとチームとして戦いつづけた結果、掴むことのできた勝利だと思います。

    だけど最後に太河に声をかけることのできた翔子も、これから団体戦での戦い方を覚えていくと、そして他の皆とチームになっていけると思います。
    今回は百花女子が勝ちましたが、次に会う時は更なる強敵に成長していそうです。

    作者からの返信

    団体戦ならではの戦術ですね。
    かるたは奥が深いと感じます。
    蘭子の勝利は、チームの力の賜物だと思います。

    翔子もこの試合で成長しましたね。
    大きな気づきを得て、この先さらに強くなっていくと思います。
    今回は団体戦の経験値の差が出てしまいました(´・ω・`)。

    2019年4月23日 21:22

  • 第八章 近江予選・中編⑦へのコメント

    おお、チームプレイの勝利なんですね。
    蘭子すごいじゃん。おめでとう!
    そうか、詠まれる歌は同じだから残ってる札が似通ってくるのか。
    なるほどなるほど。
    菜乃花はひっそりと負けちゃってたんですね……。

    作者からの返信

    戦術を生かした勝利でした。
    蘭子も頑張りました(^-^)。
    ちなみに、団体戦では読まれる札も、使う50枚の札も、みんな同じです。
    だから最後に残る札も同じになります。
    菜乃花は【近江予選・中編⑤】で負けてしまいました。
    相手チームが静かなので、負けても目立ちませんでした(^_^;)。

    2019年4月23日 21:29

  • 第八章 近江予選・中編⑦へのコメント

    もしこれが個人戦だったら、もしかしたら翔子が勝っていたかもしれませんね。
    だけど団体戦ならではの戦略。時に実力以上の力を出せることもあるチームの一体感の前にやられましたね。

    札分けは、接戦にもつれ込んだ時の必勝のテクニック。個人戦のつもりで戦うか、団体戦として戦ったかが、勝敗を決したと言って良いでしょう。

    作者からの返信

    個人戦なら翔子のほうが勝っていると思います。
    中編を書き終えて、翔子は本当に団体戦に不慣れなんだなと改めて思いました(^_^;)。

    札分け・札合わせは団体戦ならではの戦術ですね。
    実際は残り五枚くらいから意識するのかなと思います。

    2019年4月23日 21:39

  • 第八章 近江予選・中編④へのコメント

    菜乃花ちゃんの怪我‼︎

    思いもよらないアクシデントですが、実際のかるた大会にもこのようなアクシデントってあったりするのでしょうか……かるた全然には全然詳しくなくて💦💦
    かるたは物静かな競技というイメージが強いので……でも、競技だからやはりこういうアクシデントもつきものなのかな。

    わからない世界のことを知ることが出来るのって楽しいですね🌸

    菜乃花ちゃんがんばれ‼︎

    作者からの返信

    打撲や突き指は多いですね。
    最悪、骨折することも(・_・;)。
    かるたの団体戦は物静かではないですね。格闘技に例えられることもあるくらいです。
    菜乃花はかなり苦しいですが、応援していただけたら嬉しいです。

    2019年4月23日 21:34

  • 第八章 近江予選・中編⑥へのコメント

    あー、これはっ、そっか、そうだった!
    和希さぁん、なんて展開にしてくれるんですかっ?(>_<)
    もちろん蘭子には勝って欲しいけれど、翔子にも負けて欲しくないって思ってしまう。
    でも、必ず勝敗は決まるんですよね。
    あー、翔子の相手が鳥海くんなら良かった……。

    作者からの返信

    蘭子も翔子も、意地のぶつかり合いになってきましたね。
    どちらにも勝たせてあげたいけれども、勝つのはただ一人です。
    決着は次回つきます。お楽しみに。
    鳥海君と当たったら、翔子のほうが勝つでしょうね(^_^;)。
    執着心がちがいすぎると思います。

    2019年4月22日 21:18

  • 第八章 近江予選・中編⑥へのコメント

    勝負は焦ってしまった方が負けなのかもしれません。
    翔子は再び冷静になることが出来るのでしょうか?

    作者からの返信

    おっしゃる通りですね。
    翔子が平常心を取り戻しさえすれば、蘭子を突き放すこともできたかもしれませんね。

    2019年4月22日 21:14

  • 第八章 近江予選・中編⑥へのコメント

    あと一枚!
    最後まで諦めない蘭子さんの気迫が伝わってきます。
    (o´∀`)b

    作者からの返信

    蘭子はけっして諦めたりはしません。
    勝利への執念を力に変え、さらに輝いてほしいですね(^-^)。

    2019年4月22日 21:13

  • 第八章 近江予選・中編⑥へのコメント

    おおー、最後の1枚をめぐる争いですか。
    これは盛り上がります。
    蘭子がんばれ!諦めるな!

    作者からの返信

    盛り上がっていただけたなら良かったです(^-^)。
    翔子vs蘭子は次回決着します。
    お楽しみに。

    2019年4月22日 21:12