第59話 Siriの穴の刺客

 よほど檸檬レモンは怖いのか、ボクの背後に隠れて震えている。

 ゆっくりとドアが開き、姿を現した美女が妖艶に微笑んだ。


『ゴックン…😳💦💦💦』

 ボクは生ツバを飲み込んだ。


 何とも、目を見張るスゴい格好だ。黒いレザーのオールインワンだ。

 いわゆる女王様ファッションのコスプレだ。


 本当に、彼女が【Siri】の穴の刺客なのか……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます