第22話 敏感な

「あ、そう言えば……😅💦💦」

 不意に、檸檬レモンのお腹が『クゥ~ッ』と鳴った。

「お腹が、ペッコペコだよ……

 ダーリン💕 なんか、作ってェ~😉✨💕」


「え、ボクが…、作るの……😓💦💦」普通、奥様が作ってくれるんじゃ……


「何よ! またダーリンの敏感なポ♥ットドラゴンをいじくってあげましょうか!?」

 爪先をボクの股間に押し付けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます