あいのうた

作者 江山菰

今夜の献立」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 大人になりさらに歳を重ね、ようやく食べたい気持ちが沸いてきています。煮物とかの類い。 

    でもこれって子供の頃に「苦手だ」って敬遠しながらも食べさせられてた記憶があるからこそ、大人になって好きになった時により深く愛せる気がします……私だけですかね?

    そんな気付きをくれる素敵な文章をありがとうございました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    昔ながらの家庭料理は味付けや調理のテクニック、素材のくせなどを思うと、一般的な外国由来のメニューと比べ、子どもの頃から食べ慣れないと受けつけなくなっていくような気がします。ひじきや魚のあら料理、煮豆や切り干し大根など、もう作らないご家庭もあるんじゃないでしょうか。

    この飽食の時代、消えるものは消えてゆくべくして消える、という見方もありますが、私たちの親もその親も、裕福とは言えない世の中で親の作る地味な料理を食べて育った子どもたちだったのであり、きっと食卓では団らんがあって美味しいと言いあっていたりしたのだと思うと、胸がちくっとします。
    自己満足な部分は大きくとも、子どもたちへ日本の家庭料理を伝えていきたいです。

    2019年11月20日 01:48