夢のカケラと、その行方。

作者 御子柴 流歌