異次元の世界へ

長束直弥

予期せぬ出来事

 メアリー・スーは、現在――自分の置かれている状況が把握できなかった。

 慥かに理解不能だ。

 

 ママは?

 パパは?


 つい先ほどまで両親とは、同じ空間にいたはずなのに……。


 時空が歪んでしまったのか?

 自分だけがタイムスリップしたのか?

 何かの拍子に異次元の世界か異世界へと迷い込んでしまったのか?


 まったく予期せぬ出来事が起きてしまった。


 誕生日に両親から買ってもらった、麦わら帽子に赤いワンピース――

 服装はそのままだ。


 恐る恐る辺りを見渡す。

 ゆがんだ景色が広がる。

 両親を探す。

 やはり、何処にも見当たらない。


 両親の顔が浮かぶ。


 ――ママは何処?

 ――パパは何処?


 不安と恐怖で、涙が溢れてくる。


 両親に会いたい!



 ピンポンパンポーン!


「お客様ならびに従業員に迷子さまのお尋ねをいたします。ただいま麦わら帽子をかぶり赤いワンピースをお召しになった三歳くらいのメアリーちゃんというお名前の女の子を、お連れさまがお探しです。お気づきのお客様ならびに従業員は、一階、サービスカウンターへお知らせくださいませ。ご協力よろしくお願いいたします……」



          <了>


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

異次元の世界へ 長束直弥 @nagatsuka708

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ