第8話 お風呂がわきましたよ

「それにしてもすごいパワフルな美人さんでしたね」


 お粥を食べる俺の隣で、萌香の手作りトリュフを口に入れて妹尾が言った。


「それ、うまいか?」

「はい、すごくおいしいです。まるでプロが作ったみたいです。彼女さん、お料理上手なんですね」

「いや、萌香は料理はてんでダメだった。それもおそらく彼女の手作りじゃない。彼女の家にいる料理長が作ったんだろう」

「お金持ちなんですね」

「ああ。遠藤専務の娘さんだからな」


 俺の言葉に妹尾が「ああ」と小さくうなずいた。


「誰かに似ているなあと思ったんですが、専務の娘さんだったんですね」

「萌香が一目惚れしたらしくて、専務に頼まれたんだ。一年付き合ったが、二か月前に彼女のほうからお断りされた。まあ、よかったと思ってる」

「そうかもしれませんね。課長なら実力で出世できると思いますし」


 妹尾はそう言ってトリュフをまたひとつ口に入れた。口の中で溶かしながら「別れた原因はなんだったんですか?」と尋ねた。


「課長がフラれる理由がぼくには思いつかなくて」

「まあ。いろいろだろうな。仕事優先だし、連絡もマメじゃないし。オシャレな店も知らないし、気の利いたセリフも言えないし。だからこんな年まで結婚できないんだろうけど」

「そうでしょうか? 課長は仕事できるし、家は広いし、優しいし。ぼくと違ってめちゃくちゃ男らしくてかっこいいのになあ」

「女が求めるのはおまえみたいなタイプだと思うよ。俺は恋愛落第者だから」


 仕事で力を使いきってしまうから、プライベートはぐったりだ。たまの休日は家でぐだぐだしていたい。しかし20代前半の女の子は許してくれない。毎日会いたい。デートしたい。あの店連れていって。この服買って。ドライブしよう……エトセトラ。正直、そんな生活に俺は疲れ果てていた――のだと思う。


「これからは係長がいますから、絶対に楽しいことばかりですよ!」

「そうだな」


 女性という生き物と向かい合うより楽かもしれない。そうなると、俺の婚期はますます遠のきそうなのだが……事実、世間でもよく言われている。独身が生き物を飼うと結婚したくなくなるのだと。結婚願望が強くない俺からしたら、丁度よかったのかもしれないが――


 向かいに座る妹尾を見る。彼は今日俺がもらったチョコレートを次から次に開けて食べ比べをしている。とても楽しそうで、おいしそうだ。そんな彼を見て自然に口元がゆるむ。萌香ともこういう関係であったなら、もう少し長くつき合えたのかもしれない。


「どうかしましたか、課長?」

「いや、なんでもない」


 俺はごちそうさまと丁寧に手を合わせた。そのとき台所から『もすぐお風呂がわきます』というアナウンスが聞こえてきた。妹尾が開いた鍋と茶碗を片づけに台所へ行く。

 数分後、「課長、お風呂がわきましたよ」と片付けを終えた彼がエプロンを外して俺に告げた。


「先に入っていいぞ。おまえはお客様なんだし。まあ、夕飯まで作ってもらってお客様っていうのも変だけどな」

「とんでもないです。ごはんくらいじゃ足りないくらいです。でも、やっぱり先にというのは気が引けます」


 すると彼はなにかを思いついたらしく、ぽんっと手を打った。


「一緒に入れば順番をゆずりあわなくてもよくなりますね!」


 彼の提案に俺は口にしていたミネラルウォーターをぶっと軽く吹き出した。少し気管支に入ってしまい、ゲホゲホとむせこむ。


「大丈夫ですか、課長!」


 妹尾が俺の背中をさすろうと近寄ろうとするのを必死に制止する。


「だ、大丈夫だから。そ、それに二人一緒はいくらなんでもまずいだろう。か、係長がいるんだから」


 妹尾が俺の膝の上で丸くなって眠る係長を見て「そうでした」とうんうんとうなずいた。


「課長の家に来て、ぼく、ちょっと浮かれてますね。係長のことを忘れかけてました」


 照れたように頬を赤らめて彼が笑う。

 コイツのこういう言い回しが全方位に誤解を招くのだろう。これまでどれだけの人間が彼の言葉にどぎまぎさせられ、もやもやした気持ちを抱いたのだろう。自覚していないところがまた恐ろしい。


「と、とにかくだ。俺も早く入って休みたいから。とっとと入ってこい」

「はい。そうさせていただきます。それでは」


 丁寧に三つ指を立てて頭を下げると、着替えをバッグから取出して彼は風呂場に向かった。

 再びひとりになって、俺ははあとこれまでよりもずっと深いため息をついた。

 俺の足の上で気持ちよさそうに眠る係長の首元をこそっと触る。

 くすぐったかったのか、係長が小さく身をよじった。


「係長……か」


 ひとりでいる時間が長かったから、生き物と一緒にいるという現実が夢みたいに感じる。でも悪くない。


 テレビをつけてバラエティ番組を見ていると「課長」と声をかけられた。


「お風呂、ありがとうございました。いいお湯でした」


 タオルを首にひっかけた妹尾が俺の隣に座る。石鹸のいい香りが俺の鼻孔をくすぐった。


「課長の家のボディーソープとかシャンプーとかすごくいい匂いするんで、使うときにちょっと緊張しちゃいました」

「なんで緊張するんだよ? 別に高いの使ってるわけじゃないぞ?」

「憧れの人と同じ匂いになるんだなって思ったら、緊張しますよ」


 ごまかすようにへへへと笑って、妹尾は頭をタオルでゴシゴシと拭いた。ビールを飲んだ後以上に俺の体が熱くなる。なぜか彼の首筋やあごのラインに視線が向いてしまう。風呂上りでほんのり赤みを帯びた首が妙になまめかしい。


「ふ、風呂行ってくる。係長を頼む」


 眠っている係長を妹尾に押しつけて俺は急いで風呂場に向かった。どうかしている。彼は同性だ。なのにどうしてか、変な目で彼を見てしまう。


「疲れが溜まってるな。そうだ、疲れがたまってるんだよ!」


 脱衣所でぞんざいに服を脱ぎ捨てて、湯かけもせずに浴槽へ入った。顔の半分が隠れるまで湯に浸かる。丁度いい温度だ。妹尾が入ったあとのお湯。そんなことを思っただけでのぼせてしまいそうだった。


 ――あああああっ! 不毛すぎる!


 妹尾の笑顔を掻き消すように俺はぎゅうっと目をつぶると、頭のてっぺんまでお湯に浸かるように一気に潜った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます