5

ただ一緒にいたかった


君のそばに


ただ会えるそれだけで


わたしの心は満たされた



君と出逢った桜並木の向こう側


なんだか


緊張ぎみに、


見上げたのは


自分の名前


教室の


偶然の


斜め前


君の


まだ幼さの残る背中が見えた



一緒にいたい


いつの間にか


そう思うようになった


君と過ごした日々が


すごく幸せだった




君と最後にあったのは


桜並木道をかけぬけた場所


卒業証書をもって、


君に話しかけようとした


でもね


なにもいえなくて


ただ


遠く離れていく


君の広い背中見てた


さよなら


ずっと一緒にいたかった


どうして


別々の道を歩むこと決めたのだろう



ねえ


本当は


君と一緒にいたかった


ねえ


また会える日がくるならば


そのときは


笑顔でいたい







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る