2

一日一日が何となく過ぎていく

不意に思い出すのは幼い恋の夢

あなたは今頃なにをしているのかな

時には思い出してくれる?

私という存在を……


淡く

切なくて


“何ダロウ”この感情


“ワカラナイ”


“クルシイ”


“デモ……ナンダカ幸セ”


あんなに夢中になって

恋に生きていたね


青春は淡くて切ない

でもね

嬉しくてたまらない

青春はあなたに出会えて

初めて本気で好きになれた


今はなんか現実に追い詰められて

誰かを好きになる余裕もなくて

あり頃のように


あなたみたいな人と

もう一度

恋したい

青春は十代だけじゃない

二十代も三十代でも恋したい

青春はいつも心躍らせる

あの頃のようにときめきたい



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る