若衆は白梅の香り

作者 おぼろつきよ