RTタグの功罪 -健全な作者間交流のために-

作者 板野かも

92

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

わかる。
凄くわかる。
web小説をやってて思うのは、自分の技術を磨きたいのではなく、ただ自分の妄想を面白いと言って欲しいだけの自己顕示欲を埋めたいだけの輩が不特定多数いるということ。
趣味で小説を書くのは良い。
だが、評価が欲しければ技術を向上する意気込みを見せて欲しい。
読者である私は、貴方達作者が未来でもっと面白い物を書けると信じ、仕事の休みという貴重な時間を貴方の作者への★に変えているのだ。
つまり投資だ。
作者に投資をしているんだ。
それなのに、読みたい作品を募ってカテゴリーエラーしてまで読んで欲しい?
ふざけんな!
貴方の作品を読んだから読んで欲しい?
寝ぼけてんじゃない!
私が生きている大切な時間をお前らのわがままに裂いてやるものか。

作品と作者を結びつけたくないけど、人間性を疑う輩の作品は嫌悪感で読めなくなる。
自己中な物乞いに、本当にこの作品読んで欲しい。
どうせ、読まないんだろうな……自己中だし。

★★★ Excellent!!!

まずrt企画に蔓延る乞食(本編より)に焦点を当てたところが素晴らしい

私もこのタグによく食いつく作者だが、一応評価を求めるものや、ジャンルが違うものは行かないようにはしている
しかし、改めて自分は作者として守るべきマナーを守っているのか、考えるキッカケとなった

今の世の中、無名な作家が作品を読まれることはほとんどない。能動的でなければならない時代となってしまっている。
そんな世の中だからこそ、このタグは一つの読んでいただけるキッカケとなるのだが、本編に書かれているように自分さえ得すればという輩もいる
私はこの小説(小説というよりかは評論?)を、一度はrtタグを利用したことがある人に薦めたい。
色んな意見もあるだろうが、一意見としてまず読んでいただきたい。私の語彙力、文章能力は低いため上手く伝わらないがとにかく読んで欲しい。

この作品が一人でも作家を変えるかもしれない。私はそんな気がする。

★★★ Excellent!!!

前々から思っていたけれど、「それってどうなの?」というと逆ギレされてしまうことを言葉を憚らずに言ってくれた作者様に感謝。
「あ、同じことを思ってくれてる人いたんだ」と心が洗われるようでした。

Twitter上での出来事が主になってはいますが、これは自主企画の健全な運用にも通じるところがあります。
RTタグも、自主企画も、元はもっと健全な作者同士の交流を目指して生まれた文化であったはず。
今では相互評価まがいの(言葉を憚らずに言えば)腐りきった現状に一石を投じてくれる、そんな内容です。