2.ピンクのパンツで添い寝開始ですねっ!

「花穂姉ちゃん、目が泳ぎ過ぎな!」

「へ? え!? そうかな……」

「さっきからキョロキョロしてるぞ」


 背中を洗っている途中、鏡を見たり俺と視線を合わせたり落ち着きがない。

腰から臀部へかけて洗っていくと、もう目を閉じてしまった。


「この匂い……わたしのボディソープじゃないよね?」

「これ花穂姉ちゃんのだったのか? もう空だったぞ」


 紗月姉と絶叫した大きな空の容器を手に持って、鏡越しに見せる。

すると、花穂姉ちゃんが振り返って容器を受け取ろうとするのだが……


「蒼太……なんで今日はタオルしないの? おっきくならないの?」


 それは、朝から紗月姉に暴発させられて賢者タイムだから……

これは正直に言えないな。黙っておこう。

花穂姉ちゃんの身体も充分魅力的なんだけど、紗月姉には及ばない。


「その容器、中に向かって叫ぶとすっきりするよ。紗月姉がやってたんだ」

「紗月姉が? どうせ蒼ちゃんとやりてーっとか下品なことでしょ?」


 ご名答。やはり、花穂姉ちゃんは侮れない。

先を見通し、過去を見透かす。探偵並みに、嘘を見抜く洞察力もある。





 シャワーで背中を流した後も、姉は照れた様子で落ち着きがない。

ついこの前まで全裸で入って来たというのに、この変わり様はなんだろう。


「花穂姉ちゃん、恥ずかしがってる?」

「いつもはおっきくなって隠しそびれたのを見てるじゃない……でも、今は全然隠す様子もないから……こんな蒼太は初めてだよ? どうしたの?」


 タオル一枚で前を隠して、浴槽にゆっくり入って来る花穂姉ちゃん。

薄く白いタオルだけでは、隠しきれない膨らみと先端の突起。

湿った髪、恥じらいで赤面した表情、長くてきれいな脚……


「はい、姉ちゃん。これに本音をぶっちゃけてくれ」


 空の大きな容器を手に持たせる。

すると、それを口にあてて、大きく息を吸い込んで……


「蒼太が大好きっ!」


 十中八九そう言うと思っていた。姉妹で対照的なのだ。

紗月姉は欲望で突っ走って、自分の思うがまま振る舞って満足する。

だから、俺のことを好きだと言っても、どこかおもちゃ扱いする感覚が抜けない。

でも、花穂姉ちゃんは違う……おそらく本気で恋をしている。


「花穂姉ちゃんに一つ聞きたい。仮に俺がいずれ誰かと結ばれるとして……一番嫌なのは紗月姉か? 水面下では争ってるもんな」

「蒼太とくっついたら一番ダメなのは加奈ちゃん! 紗月姉は許せる……」


 姉妹揃って同じ答えなんだな。嫌っているわけでもないのに俺とはダメ。

家族ぐるみの付き合いがある家のお嬢様なのに俺とはダメ。


「じゃあ、俺先にあがるよ」


 自分が聞きたかったこと、知りたかった答えの欠片はいったん心の隅にしまおう。

いずれ、両親が明かしてくれるだろう……


「蒼太っ! お土産のパンツ穿いてねっ!」

「金剛棒か……わかった。じゃあ、花穂姉ちゃんも受入可のパンツ穿けよな!」

「う……穿くよ」


 気のない返事をするものの、脱衣場に畳んで置いてある下着はピンクのパンツ。

俺も土産のピンクの金剛棒パンツを穿いた。中身は金剛っぷりを発揮していないが……


 今朝、紗月姉の身体にはすごく反応した。それが、紗月姉への気持ちだ。

肉体欲……つまり、紗月姉に感じているのは性欲……花穂姉ちゃんには……











◆◆◆◆◆◆











 夕飯と片付けを終え、部屋でくつろいでいると廊下から物音が聴こえる。

ドスドスとなにかを大きなものを運ぶ音だ。


「姉ちゃん、なにやってんだ?」


 廊下にいたのは、布団一式抱え込んで歩いて来る花穂姉ちゃんだった。


「蒼太と寝るっ! 蒼太も床に布団敷いて寝よっ!」


 来るとわかっていた。そうやっていつも紗月姉と張り合う。

お互いに俺とのことを報告し合って、共有してるつもりでいる。

なんでも分け合う仲良し姉妹、弟は二つに分けられないもんな……


「紗月姉はだらしなかったぞ……暑いって言ってTシャツ脱いで……」

「ふーん。ブラジャー姿で蒼太に抱きついて寝たとか?」

「……姉ちゃんエスパーじゃないだろな……」

「紗月姉の行動パターンは大体わかるよ」

「さすが姉妹だな」


 花穂姉ちゃんは白のTシャツに土産のボクサーパンツ、黒いブラが透けて見える。

いつも姉たちが穿くパンツより露出が少ない分、刺激が少ないだろうと思っていたが……

真正面の食い込み具合を見ていると、パンツを無性に触りたくなる。


「蒼太、電気消して……」



 部屋の電気を消すと、花穂姉ちゃんは布団の中でTシャツを脱いだ。

これも予想通りの行動だ。紗月姉と同じことをしようとする。


「紗月姉はブラも取ってたな……」

「ん、わかった」


布団の外にブラジャーが放り投げられた……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー