三田村さん、性欲をもてあます。

作者 既読

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全50話

更新

  1. 第1話 三田村えり、高校一年生。趣味はオナニー。
  2. 第2話 綾倉のおっぱいマジでけしからん。
  3. 第3話 こいつまさか……自分だけ!?
  4. 第4話 世界はお前のためだけにあるんじゃないんだ!
  5. 第5話 滝沢の引き締まった小麦色の肉体をめちゃくちゃにしてやりたい
  6. 第6話 えっ!? お前んちなんでこんなエロ本ばっかなの!?
  7. 第7話 興味なさそうなフリして実はえっちなことに興味深々なんだね、滝沢
  8. 第8話 あなたが滝沢先輩にえっちないたずらをしたリア獣三田村さんですね
  9. 第9話 犬のようにおなかを見せて服従のポーズをとりながらお願いしてください
  10. 第10話 先輩、もう少しだけ、私のそばにいてください
  11. 第11話 あなたは本当に犬以下のけだものですね、おしおきが必要です
  12. 第12話 えっ、綾倉さんマジですか?
  13. 第13話 私、こういうの初めてだから……
  14. 第14話 私、三田村さんのためならなんだってできる。こんなことだって
  15. 第15話 滝沢もココが好きなんだね
  16. 第16話 まさか私が倒れている間にまた滝沢先輩に手を出したりしてないですよねえ!?
  17. 第17話 私ってどうしてこんなに欲望に流されやすいんだろう?
  18. 第18話 旅の醍醐味と言ったら一夜の過ちでしょ!(朝だけど)
  19. 第19話 何をどうしてほしいのか、具体的にはっきり生々しく言葉にしてください
  20. 第20話 あ、綾倉、その、あのとき言ったこと覚えてる?
  21. 第21話 まさか生徒会長にそんな趣味があったなんて生徒たちが知ったらどう思うか
  22. 第22話 夢が叶った。私にはもう思い残すことはない
  23. 第23話 弟がいるなんて言ってなかったじゃないですかぁ!
  24. 第24話 女の子は女の子と、男の子は男の子と恋愛してもいいと思うの
  25. 第25話 そういうことならむしろ遠慮はいらないのでは?
  26. 第26話 よく聞く話だけど、マジでそんなことってある?
  27. 第27話 こんなの見せつけられてがまんなんてできないよ!
  28. 第28話 いつもしてるみたいにしてあげるから
  29. 第29話 先生と生徒、そういうのもあるのか
  30. 第30話 花子さん、あなたはどうして花子さんなの?
  31. 第31話 伝説の痴漢、なんて最悪なヤツなんだ
  32. 第32話 痴漢捕獲大作戦開始
  33. 第33話 二人そろって遅れるのってつまりそういうことだよね?
  34. 第34話 痴漢ってこんなにキツいものだとは思ってなかったよ
  35. 第35話 な、なぜあなたがここに!?
  36. 第36話  失われた時を求めて
  37. 第37話 なんだか今なら、どこへでも行けそうな気がするんだ
  38. 第38話 やりのこしたこと
  39. 第39話 さらば三田村さん、また会う日まで
  40. 第二部 恋は時の流れを超えて
  41. 第1話 帰ってきた三田村さん
  42. 第2話 さらば、三田村さんの聖域
  43. 第3話 どうして触れてくれないの?
  44. 第4話 滝沢、お前だけはそういうことしないって信じてたのに
  45. 第5話 今度はちゃんとココにキスしてくれる?
  46. 第6話 ねえキミ、よかったら少し話さない?
  47. 第7話 (ただし濃いやつで)
  48. 第8話 好きな人の匂いを嗅ぐと気持ちよくなっちゃうんだ
  49. 第9話 すごい嫌な予感がするんだけど
  50. 第10話 えっ、私もいんの?
  51. 第11話 この先に進みたければ私を倒して進みなさい