古部緋色は最っ高のヒーローになります!

作者 吉田夢妙

アメコミファン必見! スーパーヒーロー達の光と闇を描く王道成長物語

  • ★★★ Excellent!!!

純粋な勧善懲悪ではなく、多角的にヒーローというものを描く話はもはや昨今では珍しくなくなりました。
本作もそうしたジャンルの一本ではありますが、特にポイントは、ヒーロー達が純粋な光であったとしても、様々な思惑がそこに絡みつき、影を生み出す点にあると思います。

たとえば主人公の古部緋色は最初、ヒーローであった父に憧れて同じ道へと足を踏み入れます。
ところがやらされることはグラビア撮影だったり、先輩にいびられたり、行動を制限されたりと満足に活動が出来なくなります。
彼女の他にもパッシングを受ける者、元々芸能人として活動したかった者、過激な暴力で資格を剥奪されながらカルト的な人気を誇る者。それぞれに信条やコンプレックスを持ったヒーローやヴィランがいます。そして自身が高潔であったとしても、周りに影を生んでいく。
等身大の心情が複雑に交差していくさまが、丁寧に過程を踏まえているので追いやすく、かつ面白い。

番外編はある人物の、物語の裏でのエピソードでありますが、こちらを見たうえであらためて本編を読み返すと、また違った視点からストーリーが楽しめると思います。

話自体はヒーロー物としてに轍から外れることなく様々な悲喜劇を織り交ぜながら展開していくので、クセがなくて気持ちよく読めると思います。
個人的には、もっと評価されて欲しい良作です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

瀬戸内弁慶さんの他のおすすめレビュー 95