第83話傷はまだ瘡蓋残し2


「駄目なことしちゃ駄目だからね!」


 そんな秋子の声に引っ張られながら、僕は外出した。


 隣には量子。


 ただしアバターは、紫髪のセミロング美少女のそれ。


 プライベートにおいては規制が緩くとも、対外的において二次ェクトは、ある程度規制されている。


 別にそれが理由じゃないんだけど、ブラックセミロングツインテールの『大日本量子ちゃん』アバターで注目を集めるのは心臓に悪い。


 そんなわけで、立体映像らしく、簡潔に描写を変更してのデートだ。


 まぁ電子犯罪に目を瞑ってもらえているから、これくらいの返礼は良しとせなばならないだろう。


 無論、好意と云う面も無きにしはあらず……ともいうけどね。


「じゃあどこ行く?」


「モール!」


 百貨繚乱ね。


 そっちに向かって歩き出す。


「ところで雉ちゃん?」


「何でっしゃろ?」


「夏美ちゃんの件はどうなったの?」


「一応フォローはしたけど結果自体は知ったこっちゃないなぁ」


 本音だ。


 多分恨まれているだろうけど、損得感情のソロバン弾くまでには至らない。


「ふぅん?」


 どこか探るような量子の言。


「じゃあ夏美ちゃんを気に入ってるとかは無いわけ?」


「そりゃ超絶美少女だし、睦言を囁かれたら、僕とて平静ではいられないと思うけど」


「むぅ」


 量子の気持ちも、わからないではない。


 そもそもにして、秋子と云う強力なライバルがいるのだ。


 この上、夏美まで参戦されることは避けたいのだろう。


 ありえないけどね。


 元より恨まれて何ぼの身だ。


 良く言って馬鹿。


 悪く言って悪者。


 少なくとも先日の夏美の罵倒は、本心からだろう。


 一分たりとも気にちゃいないけど、それ故に夏美が僕に心を仮託するのは有り得ない。


 多分。


 そんなこんなで百貨繚乱。


 大型ショッピングモールに着く。


 さて、


「どうする?」


 問う僕に、


「とりあえずお茶」


 妥当な提案。


 モールに展開されているコーヒースタンドに入って、僕はコーヒーを頼む。


 量子はコーヒーとケーキ。


 ただしデータ上の。


 元より立体映像なのだから、当然っちゃ当然。


 ネットマネーで支払って席に。


「ん。上々」


 コーヒー(データだけど)を飲んで量子が論評。


「値段相応には美味しいね」


 僕も諸手は挙げないけど、評価はする。


「この後どうする?」


「うーん。夏用の服を見てまわりたいな」


「立体映像が何を言うか」


 なんて思ったけど言葉にしないだけの分別は持っている。


 元より、量子は着飾らなくとも、十分に可愛い。


 それも口にはしないけど。


 調子づかれても困るし。


「雉ちゃんの服も見繕ってあげる」


「そりゃ光栄で」


 皮肉気に笑ってしまった。


 それからスタンドでまったりした後、僕と量子は、モールの服飾コーナーを回る予定を立てた。


 そしてその通りに行動する。


「これどうかな?」


 ブランド服を試着して、量子が問う。


「僕はこういうことに疎いからなぁ……」


 本音全開。


「可愛いの是非を問うてるの!」


「地が良いから何着ても似合うと思うけど」


「あう……」


 照れ照れ。


 一丁前に量子が照れる。


 こういうところは可愛らしい。


「似合ってるの?」


「まぁ可愛いとは思うよ?」


「本当に?」


「嘘でもいいけどね」


 肩をすくめてみせる。


「淡白……」


「自覚はあるよ」


 元より眼の良い方ではない。


 それから二、三の服飾店を回って、量子と議論しながら、服を購入していくのだった。


「じゃ、次は雉ちゃんの番ね」


「本当に買うの?」


「任せて」


 別に着られれば、何でもいいんだけどな。


「お金は有り余ってるし」


「立派なヒモだなぁ」


 心底そう思う。


「じゃ、とりあえずセレクトショップに行こうよ」


「あいあい」


 反論するのも億劫で、僕は量子につき従った。


 オシャレに関してなら、量子の感性に任せて大丈夫だろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます