第68話コの字デート5


「…………」


「あはははっ」


 テンションと攻撃手段に違いはあれど、コキアとミツナはハッピートリガーと化していた。


 魔法と銃の弾丸が、乱打される。


 オドは無双ゲーと云うことで、数こそ多いものの一体一体の敵はさして強くもない。


 コキアはウィザード。


 ミツナはガンリアー。


 どちらも遠距離支援だけど、超過疾走システムの恩恵によって敵を全く寄せ付けず……一方的に虐殺して回った。


「おおおっ! スターラッシュ!」


 ソードマンのスミスも、雑魚狩りに参加している。


 主にコキアのフォローに回っている辺り、その真意が窺えた。


 知ったこっちゃござんせんが。


「私もデートしたかった! 何で呼んでくれなかったの?」


 これは隣のシリョーの憤慨。


「仕事があったんだからしょうがないでしょ」


「むぅ」


 シリョーは口を尖らせる。


「ハイドちゃんの誘いなら何にもまして駆けつけたよ?」


「別に必要ないしなぁ」


 本音だ。


 残酷でもあるけどね。


「じゃあさ。これからデートしよ?」


「セカンドアースは十分だよ」


「そうじゃなくて。私とハイドちゃんだけで高レベルクエストをするの」


「ふむ……」


「サードギリシャ神話エリアとかどう? ヘラクレスを狩りに行かない?」


「まぁそれくらいなら」


 不承不承頷く。


「決まり! じゃあ手っ取り早くこのステージを終わらそ!」


 そしてシリョーは、手に持った虹色の光を纏う槍で以て、雑魚を蹴散らしにかかった。


 ついでにボスキャラまで撃破する三面六臂の大活躍。


 非戦闘区域でお茶をしながら、ヘラクレスステージの確認をしていると、


「シリョーさん強いっすね。ありえないっす」


 瞠目するスミスに、


「ども」


 気楽に返すシリョー。


「まぁあれだけやりこめば……」


 これはコキアの言。


「シリョーさんは、ハイドとコキアさんの知り合いなんですか?」


「幼馴染だよ」


 まさか、


「かの有名な大日本量子ちゃんです」


 などと暴露するわけにもいかず、お茶を濁す。


「同年齢? 同じイレイザーズのメンバーとして、リアルでも紹介できるかハイド?」


「無理」


 僕の答えは簡潔を極めた。


 電子データでしかないシリョー改め量子をどうやって会わせろと?


 無論立体映像でコミュニケーションをとること自体は難しくない。


 が、量子はしがらみが多すぎる。


 僕の最たる悩み事の一角だ。


 原因は僕で、理由も理屈も僕に起因するんだけど。


「ネット引き籠りだから。そっとしておいてやって」


「そ、そうか……」


 スミスの口の端が引き攣っていた。


 嘘はつかず……かつ誤謬を生み出す言葉で納得を引き出す。


 それくらいの腹芸は僕とて出来る。


「じゃあシリョー。行くか」


「ん。その言葉を待ってた」


 わくわくと云った様子で、オリオン三連星を瞳に(アバターだけど)宿すシリョー。


「ん? またクエストするんですか?」


 これはミツナ。


「僕とシリョーだけでね」


 これは僕。


「私もついていっちゃ駄目?」


 これはコキア。


「特に意味ないから止めておいた方が無難だね」


 これは僕。


「どこに行くんだ?」


 これはスミス。


「ヘラクレス狩り」


 これは僕。


「マジか……! 必要レベル500台だぞ……!」


「僕レベル950台だし」


「私500~」


「というわけで今日はここで解散。僕とシリョーでヘラクレス狩りに行くから」


「どうせだからアバター取れるといいよね!」


「まぁラスアタを僕に任せてくれればいけるんじゃない?」


「ヘラクレスのアバター……! ドロップしたら売ってくれ!」


「おぜぜが必要よ?」


「いくらだ?」


「ネットマネーで十万から交渉しようじゃないか」


「払えるか! 学生が! そんなに!」


「だってオークションに出したら二十万は付くし。今なら半額キャンペーンだよ?」


「そこはギルドメンバーのよしみでさぁ……」


「だから半額キャンペーン。僕としても苦渋の決断だ」


「むう」


「ま、てきとうに考えておいて。別に買い手はいるから、こっちとしてはスミスに固執する必要は無いんだけど」


「薄情者」


「耳が痛いね」


 飄々と僕。


 口笛なんか吹いたりして。


 ちなみにひまわり娘。


 さてさて、


「じゃ行こっかシリョー」


「アイサー」


 そして僕とシリョーは、サードギリシャ神話エリアへと飛ぶのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます