異世界転移体質少女

作者 木川のん気

110

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

これは新しいです!異世界に行かないように異世界の入り口と戦うお話。日常のありとあらゆるところから異世界が攻めてきます。そんなところに!?というのもあって、というより、そんなところが多く(笑)、笑いすぎて腹筋が鍛えられます(笑)

一話一話が短く収まっているので色んな展開が楽しめ、更にさくさく読めます。是非皆さんもご一緒に笑いましょう!

★★★ Excellent!!!

いやー面白かったです。
笑いながら一気に読んじゃいました。

異世界転移が多い昨今、タイトルから惹かれました。
「転移体質」
それであらすじを読んだら、もうニヤニヤが止まりません。

現実に満足してるからこそ、異世界転移を望まないが、体質なんで虹色が出てくると。

もうベストなタイミングで虹が出て来るんですよ。
ハイクオリティなコントを見てるような、そんな笑いがこみ上げてきました。

また文章も短いながらも、しっかり纏まっており技術の高さに脱帽です。
発想の勝利とはこの作品のことでしょう。

楽しませて頂きました、ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

非常に新しい作品です。
異世界ブームを逆手にとった本作ですが、ネタのつくり方にセンスがあるため、「あ、このシチュエーションきた!?」「なるほど、今度はこうやって回避なのね」「虹の絵……!?」とびっくりし通しです。しかもこれを短いシーンでこなされているため、この物語は「異世界ショートショート」という新しい分野をつくられているのかもしれません。

さらに一番気に入ったところは、主人公が異世界に対してだんだん「デレ」てくるところです。なんだか異世界が意思をもっていて、主人公がその好意を少しずつ受け入れてきているような……! この感情の動きが、すごく好きです。
最終話も、いつまでも続いていくような感じで爽やかですね。
いつか主人公が異世界に陥落することを心から祈ります(笑)

★★★ Excellent!!!

個人的には異世界転移ものが苦手(なんか現実世界充実してないのかなと思ってしまうので)なので、読むのを躊躇われたのですが笑

流行りをうまいこと題材にしたアンチテーゼに思えて、おもしろくサクサク読めました。
文体も会話帳で読みやすく、短いので読みやすいです

異世界に行かない主人公、陰ながら応援してます。
風呂場の湯船からの転移にはご注意を