白い道

作者 AKARI YUNG

”娘”の視点から描かれる、複雑な人間関係

  • ★★★ Excellent!!!

娘(主人公)のあずさは、一見すればどこにでもある普通の家庭環境で暮らしている。
けれど、親思いのあずさは、両親を気に掛けており、特に母の方へフォーカスを当てている。
この母親というのが、とても複雑な心境を抱えている。
それはきっと、子供が産まれる前から続いている。
もしかしたら、同性にしか分からない悩みかもしれない。
或いは、単に『親の過去』が描かれているだけかもしれない。

でも、親だって一人の人間なんだなぁ、というのが本作では娘の視点を通して、描かれている。
複雑とは言うけど、難しいことはなくて。
気持ちの交差が絶え間なく続くため、想像を膨らませる事で、娘には見えない物語が段々と見えてくる。

読了感のある人間ドラマですので、是非気になった方にはご覧頂きたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

蒼井金太郎さんの他のおすすめレビュー 257