彼氏に男子しか愛せないと言われたら

作者 愛果 桃世

43

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトル通りの言葉を言われた主人公・美奈の失恋のシーンから始まる、この作品。

美奈は決してあきらめません。どん底まで落ちる間もなく、彼を恨むこともなく、ただひたすら彼を理解するために突き進みます。

同性愛のことだったり、前世の記憶だったり。
一生懸命に調べて、自分をフッた彼に働きかけて。
その姿が、すがすがしくとても感動的なのです。

こんな恋愛ができたら素敵だな、と思わせてくれる、後味とても爽やかな恋物語です。

★★★ Excellent!!!

愛果さまの、サラサラ読めてしまう短編です。

どうして相手が好きなのか、どうしてそんな気持ちになるのか、どうして諦めきれないのか──それはもしかしたら……とどこかで思いたい・信じてみたい「見えない糸」によるものなのかも?
恋が終わって傷ついたあなたがもしいらしたら、一度長野さんのお言葉に耳を傾けてみませんか?