彼氏に男子しか愛せないと言われたら

作者 愛果 桃世

28

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

愛果さまの、サラサラ読めてしまう短編です。

どうして相手が好きなのか、どうしてそんな気持ちになるのか、どうして諦めきれないのか──それはもしかしたら……とどこかで思いたい・信じてみたい「見えない糸」によるものなのかも?
恋が終わって傷ついたあなたがもしいらしたら、一度長野さんのお言葉に耳を傾けてみませんか?

★★★ Excellent!!!

「男が好きだ。だから別れてくれ」

 何じゃコイツは!と思ったのも束の間、読み進めていくと意外な方向へストーリーが進んでいきます。

 ファンタジックな要素を絡めつつ、好きな男の子のために奮闘するヒロインが可愛かったです。

『ヒッチハイク恋物語』と同様に、少し起伏のあるお話を綺麗に短編としてまとめていらっしゃいます。あっという間に読めちゃう分量だから是非!