私がロボって言うのは秘密です。そう言う設定にしなさいって博士が言ってた。

作者 桐生琉駆