(10)12月08日11時43分

 街に出た。

 信号待ちで車が前を通り過ぎる度に、もしもこれが突っ込んできたら、なんて気が気じゃなく、何度も彼女から「どうしたの、大丈夫?」と声を掛けられた。隠しているつもりなのだが、些細な態度の変化を彼女は見逃さず、それが嬉しい反面、占いなんかで右往左往する男だなんて知られたくなくて、結局は今までそうしてきたように、正直に話す事なく曖昧にはぐらかしてしまう。

 その度に、遠くの方にチラリと覗く、あの猫の被り物。

 …少しずつ近付いてきていないか?

 いや、気のせいだ。

 幻覚を見てしまうほどに、自分の心は弱かったのか。なら、なおさら言えない。みっともない姿を晒す訳にはいかない。誰だって好きな相手には良く思われたい。優しくて、頼りになって、しっかり者で、…あれ? 周りからそういうイメージを押し付けられたから、その通りにしていたんじゃなかったんだっけ? 違う? いや、違わない。本当の自分を見せても文句を言われるだけだった、だから、今の自分になった。だから? それが嫌で嫌で、やっと素でいられるんじゃなかったのか? 何故今また隠そうとしているんだろう? つまるところ、繰り返しているだけなのか?

 結局、最初から、

 自分の蒔いた種だった?

「悠一くん!」

 声に、耳をつんざくブレーキ音が重なる。

 体は、ちゃんと思った通りに、動いた。

 大丈夫、

 彼女だけは、助けられる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る