(9)11月26日PM08:01

 ほら! やっぱりおまじないのせいなんかじゃなかったんだ!

 同じクラスになった時から気にはなっていたと、彼は少し気恥ずかしそうに答えてくれた。おまじないのタイミングが偶然重なっただけなのだ。誰も悪くない。何も後ろめたい事なんて、ないのだ。

「じゃ、また明日学校で」

「うん。……ごめんね、こんな時間まで外出させちゃって。やっぱり俺の方から家の人に一言……」

「い、いいから! じゃあねっ」

 彼をその厚意ごと門扉の外へと押しやり、自分はさっさと玄関へ入る。

「勉強そっちのけで色ぼけ? 養われてる分際でいいご身分ね」

 待ち構えていたといわんばかりに、そんな言葉が出迎えた。

 幸せだった気分が、一気にしぼむ。

「遊び呆けるんなら、来月から小遣いなしね」

 ムカムカとした気分が一気に膨らむ。

 無視したまま階段を登る。

「勉強しないんなら、スマホも取り上げるからね!」

 部屋に入る背中に、そんな金切り声が飛ばされた。

 苛立ち任せに、扉を閉める。

 口を開けば「勉強」「勉強」「勉強」! 自分だって学生の頃はろくに勉強なんてしてなかった癖に! ろくな大学も出てない癖に!

 鞄からノートと筆箱を取り出す。ヒラリと1枚の紙が落ちた。拾うと、殴り書きのような乱れた文字で、

『ドロボー猫』

 とだけ書かれてあった。

 違う!

 違う違う違う!

 シャーペンを取り出し、ノートを開く。

 どいつもこいつも、理不尽な事ばかりを言う! ノートを乱暴に2回突っつく。どいつもこいつも大っ嫌い! シャーペンをクルリと回す。そんな奴ら『全員消えちゃえ』!

 書き殴ると、少し気分も落ち着いた。もう寝てしまおう。学校へ行けば、彼に会える。ネチネチ言う奴らにも、堂々としてみせれば良い。彼も守ってくれる。きっと。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る