You Can't Live Again

作者 オロローン

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第4話へのコメント

    独特の感性、独特の視点から始まる話でした。
    諦観の中でも、二人の話者には呪詛の言葉はなく、静かに朽ちてゆく情景は詩的でした。

    作者からの返信

    完読ありがとうございます。
    死をもっぱら手段とする自殺に対して、「何の解決にもならない」という辛辣な暗示が今作の主題でした。

    2019年1月17日 23:21