恋のウォーキング大作戦

作者 波里久

31

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

素直で純粋で正直者の主人公。少し小肥りなのも愛嬌がある。
そんな彼の職場に、突如としてやってきた女子大生のマドンナ。
主人公はヒロインに振り向いてもらうために、ウォーキングで体を搾ろうとするのですが、なかなか上手くいきません。
時には身体的に、時には精神的に。

はたてして、主人公とヒロインは結ばれるのか。

そう書いてみれば、単なるラブコメに思えてしまう。しかし、波里ワールドを侮ることなかれ。

作者様の描き方、言葉遣い、台詞回し。どれもにユーモアがあって、唯一無二の個性があります。

恋戦よりは歩戦。
ひたむきに歩いていけば、きっとよい景色が見えるはずだと、教えられました。




★★ Very Good!!

職場で出会った女性に一目ぼれした主人公が
ウォーキングダイエットをして何とか彼女の心を射止めようとするのですが、
いざ始めてみると様々な困難が降りかかってきて……。

格好いい主人公が何かを達成してカタルシスを得るという話ではありません。
ただ、色んな困難や誘惑についつい負けてしまい
七転八倒する姿には笑いと同時に、その底の方に人間の弱さと悲哀が見えるのです。

悩みを抱えて生きている人はたくさんいると思いますが、誰しも苦しみながら小さな希望を探しているのだな、という気持ちにさせられる一編でした。