はえあるはる

作者 月岡雨音

――淡い想いを乗せて。有限だからこそ美しい現代の《歌人》が見せる純愛!

  • ★★★ Excellent!!!

歌を詠むという文化はいつの時代もこうも美しいものかと思い出させてくれる作品でした。
31字という、限定された数の中に想いを込めるからこそ、その歌に私達は魅せられるのではないかと感じました。
人の命も限りあるからこそ美しい、有限の時を大切に想う二人の《歌人》の姿には、目頭を熱くさせられました。
ぜひ、日本語の美しさと純愛の世界を堪能して頂きたいです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

風音ルピーさんの他のおすすめレビュー 3