第二話 炎の魔女、帰る 3

 わたしは、絶対に秘密にするという約束で京子から話を聞いた。

「……あたしたちは、中学が同じ第一中だったの。みんな卓球部で、それで高校に行っても何かとツルんでたのよ。うん、草津もその一人で、イッコ下なんだけど、あの子あたしらが中三の時に部長やってたぐらいだから、あんまり後輩って感じでもなかったのよ。

 で、たしか三ヶ月くらい前だったんだけど、草津が、いいものがあるからみんなあつまれ、って集合かけたの。

 そしたら、それが変なクスリだったの。

 ううん、覚醒剤とかじゃないらしいの。

 うっすらと青い、透き通った液体なの。それを匂いをかぐみたいにすると、頭がほわーんとするというか、自分が透明になって、身体の隅々まで綺麗に洗われるような気分になるの。

 シンナー? 違うと思う。知らないけど。だって刺激臭っていうか、そういうの全然なかったもの。

 草津は詳しくは言わなかったけど、どっかの製薬会社だかなにかが、新しく開発した特別の試供品とか言ってた。うん、たぶんデタラメよね。でもタダだったから、ついついあたしたちもハマっちゃって……。

 そうなの、お金取らなかったのよ、あの子。

 あの子が自腹切ってたとも考えにくいし、どうしていたのか見当もつかないわ。

 そうして、そのうちにあたしたちの中から、家出しちゃう人が出始めたのよ。

 ほんとにどこに行ったのか、全然わかんないの。誰にも言わず、ふいっ、と姿を消しちゃうのよ。うん。これはよその学校の子も同じ。

 そして、草津もいなくなっちゃってさ。そのあたりで、やっと残ったあたしたちは、あのクスリのせいじゃないか、って思い始めたの。どこから手に入れていたのかわからないけど、ひょっとしてあれは、人に知られてはいけない何かだったんじゃないか──だから知ってしまって、使ってしまったあたしたちは、狙われているんじゃないか……そういう気がしていたところに、あたしたちの一人が、もうあたしらとは関わらない、って急に言い出したの。

 でもこっちも不安でしょう。どうしてなのってしつこくいたわ。

 そしたら、霧間凪に脅された、って言うのよ。どういうわけか彼女クスリのこと知ってて、そのことはもう口にするな、忘れろ、って──

 それも一人だけじゃなく、順番に一人ずつ襲ってきたの。あたしは最後だったわ。

 ええ。二週間前からよ。霧間凪が停学で学校に出てこなくなった日から。だから、どうしてもワザと学校に出てこなくてもいい理由を作って、動いてたようにしか思えないのよ。

 ええ? もう知らないわよ。絶対にクスリになんか手は出さないわ。霧間凪のことも知らない! 学校でも避ける。ねえ末真、誰にも言わないでよ。みんなにもよ。ああほんとはあんたにも言うべきじゃなかったのかも。でももう限界だったのよ。黙ってると怖くって、押し潰されそうで──」

 ……わたしは泣きじゃくる京子をあやし、なだめながら彼女の顔が普通に戻るまでファーストキッチンの隅のボックス席で時間をつぶして、それから彼女の家まで送ってやった。

 そして、ひとり暗くなった道を歩きながら、うつむいて考え続けた。

 彼女の断片的な話は、おそらくは状況の片一方からしか見ていない。彼女の話だとよくわからないが、たぶん京子はその〝もと卓球部のグループ〟の中ではそれほどイニシアティブをとれる立場にはなかったろう。彼女よりはるかに不良っぽいみんなの言いなりに近かったのではないか。ただくっついていただけだ。

 彼女は被害者ですらないのだ。ただ事態の周りにいただけのことなのだろう。

 草津秋子という子は、殺されている──と凪は言っていた。

 彼女はそれを知っているのだ。

 わたしの過去の秘密も。

(……どうして?)

 いったい彼女は何者なのだ?

 学校──いや警察に知らせるべきか?

(でも、京子と約束しちゃったし……)

 麻薬をやってた、なんてことが知られたら京子はおしまいだ。停学じゃすまない。他の生徒への示しとして退学処分を受けるだろう。それはやっぱり、わたしはさせたくない。

 道はすでに暗い。

 電信柱の蛍光灯が、何年も換えられてないらしくてちかちかとまたたいている。

「…………」

 わたしは立ち止まった。

 そして、点滅する光の下でかばんを開け、何でも入れておく癖のおかげで常備しているクラスの連絡網を広げた。そこには電話番号だけでなく住所も書いてある。

 わたしは自分より三つ前の番号の人の住所を調べた。

 霧間凪は、意外にもわたし同様に学校の近くに住んでいた。歩いていける距離だ。

(……よし!)

 わたしは鞄を閉じると、小走りにその場所に向かって駆け出していった。

 でも、なんでわたしは彼女に会わなければならないのだろう?

 当事者である京子は、この事態から逃げようとしている。それが自然な反応だ。普通の人間ならそうする。

 わたしははっきり言って、なんの関係もない第三者にすぎない。

 でも、わたしはもう嫌だったのだ。

 五年前の時も、わたしの知らないところで勝手に事態は進んでいて、知ったのは終わった後だった。わたしの意志はどこにもなかった。

 危険でも何でも出るなら出ろ。

 だから、この間の昼休みでもわたしはブギーポップのいもしない影を求めて走ったのだ。そうだ、あれはそういうことだったのだ。わたしはなんでもいい、とにかく〝対決〟したかったのだ。

(そうよ──中途半端はもううんざりよ!)

 霧間凪はほんとうに魔女なのかも知れない。でも、それこそ望むところだった。


「……え?」

 住所の番地に行ってみると、そこはマンションなんかどこにもない、ただの住宅街だった。

 間違ったのかと何度も確かめた。でもやっぱり間違いない。

 そして、霧間という表札もない。住所録を見返すと、そこには「谷口方」と小さい字で書かれていた。その家にいるらしい。

(……例の、名前の違う保護者、ってひとのことかしら)

 はたして谷口という家はあった。番地も合ってるようだ。

 ごく普通の、どこにでもある建て売り住宅にしか見えない。多少大きめで金持ちっぽいけど、でも普通だ。

 さっき遭遇した凪の異様な姿を思い浮かべ、そのイメージと全然そぐわないので、わたしはひどくとまどい、チャイムのボタンの前でさんざんためらった。

 意を決して押すと、やっぱり気が抜けたピンポンという日常的な音しかしなかった。

「はい、どちらさま?」

 とインターフォンから返ってきた声に、わたしはびっくりした。それは凪の声ではなく、男の子の声だったのである。

「あ、あの、こちらに霧間さんは……」

 しどろもどろに返事をすると、明るい声で、

「ああ、凪のお友達ですか」

 と明るく言われて、そしてドアが開かれた。

 見たところ中学生ぐらいの、でもわたしや凪よりも背の高い子だった。笑顔が人なつっこい。

「やあ、どうぞ。彼女まだ帰ってきてないんですよ」

「は、はい。あの……」

「待っていてください。すぐに戻るはずですから」

 と言われて、わたしは応接室に案内された。

 ごく普通の家だ。

 キャビネットの上には、を模した小さな人形セットなんかが飾ってあったりする。

「どうぞ」

 と言って、少年は紅茶とクッキーを持ってきてくれた。

「ど、どうも」

 おいしい。紅茶のことはわからないけど、いいもののような気がした。

「いやあ、めずらしいなあ。凪の友達が来るなんて」

 少年は屈託のない声で言った。

「あの、あなたは」

 わたしが訊くと、彼は、

「弟です」

 と答えた。それにしては似ていない。

「あの、霧間さんは一人暮らしって聞いていて、それで」

「ええ。僕は半年前に来たんですよ。春までは両親と一緒に外国にいまして。来年高校受験なんで、一足先に日本に」

「ご両親……」

 凪にも、ちゃんとした親がいたのか。でも谷口という違う姓なのはなんでだろう。

 そのとき、玄関が開いて「ただいま」という声が聞こえた。凪だ。

「ああ、おかえり」

 弟さんは迎えに立った。

「あんた、また女の子連れこんでんの」

 凪の声がした。弟さんは笑った。

「凪にだよ。さっきから待ってたんだよ」

 やってきた凪を見て、わたしは危うく声を上げそうになった。

 着替えていて、制服を着ていたのだ。まるで学校帰りの格好だった。

「ああ、あんたか」

 声の出ないわたしに、凪は静かに言った。

「上に行こう」

 わたしは彼女に導かれるまま、二階の彼女の部屋にあがった。

 下とはうって変わって、本だのパソコンだのが並んでいるだけの殺風景な部屋だった。ベッドが一つに、机が二つもある。ひとつが勉強机で、この上は閑散としている。もうひとつがパソコンを使う机だ。パソコンの方には、なにやらいろいろな箱みたいなものや機械がごちゃごちゃとつないである。そしてモニターが三つもある。最初テレビかと思ったけど、どれもパソコンだ。いろんな機械が床の上にまではみ出して、十畳はある部屋が半分以下の狭さになっていた。

 女の子の部屋と言うより、なんか研究所とか、そんな感じだった。もちろん噂の黒魔術とかそんな本は一冊もない。みんな参考書ばかりだ。あとハードカバーの難しそうな本も多い。しかしパソコンのデータソフトの方が本よりさらにたくさんあった。

 凪は勉強机の方の椅子を引っぱり出して、わたしに勧めた。

「ほら」

「どうも」

 わたしは素直に座った。

「おどろいたろ」

 凪がいたずらっぽく笑った。

「え?」

「正樹がいて。独りで住んでると思ってたろう」

「う、うん。弟さんがいたのね。びっくりしちゃった」

「弟じゃない。血はつながってない」

 凪はかぶりを振った。

「彼はオレの母さんの再婚相手の連れ子。いい子だけど、どうもオレのあしらい方がうまくて、将来おんなたらしになりそうな気がする。やれやれ」

「ああ、それで谷口……」

「うん、母さんの旦那の姓。オレだけ旧姓のまま」

「へえ、どうして?」

「ファザーコンプレックスなんだよ、オレは」

 凪は冗談とも本気ともつかない口調で言った。

「おとうさん?」

「おや、あんたなら知ってるかと思ったんたが。霧間誠一、って本をたくさん出してるヤツで……」

 凪の言葉の途中で、わたしは、

「えええっ!?」

 と大声を上げていた。

「噓!」

「なにが噓だよ」

「だって──あの作家の霧間誠一なの!?」

 知らないはずはない。わたしは、その作家の本でさんざん犯罪心理だとか深層心理だとかを勉強したのだ。『心の中の叫び─多重人格について』とか『人が人を殺すとき』『殺戮者は気が変わる』『退屈する悪夢』『〝知らない〟の増殖』『VSバーサスイマジネーター』とかの本だ。小説よりも概説書とかエッセイ風の論文の方が多いという人で、実際わたしは小説の方は全然読んでいない。時代遅れの啓蒙主義者を自負して、とにかく本を書きまくった一種のカリスマ的な作家であった。

「そうだよ。アレがオレの親父だ。死んでるけどね」

「うん、それは知ってるわ……でも、ほんとなの? いやだわ、ほんとにほんと?」

「だから噓ついてどうすんだよ」

「そうだけど……だって、そんな」

「オレのこと変な名字だと思わなかったのか?」

「ぜんぜん、考えもしなかったわ……いやだ。なんでかしら?」

 言いながらも、わたしはその理由というのを何となく悟っていた。それは霧間誠一とか、そういった作家とかいう人は自分の周りになんかいるわけないという無意識の思いこみだ。そして、そういうすごい人は自分とはまるで次元の違う世界に住んでいるはずだという願望によるものだろう。

「まあとにかく、オレはその遺産で食ってるわけだ。学校の学費込みでね」

「え? お母さんは──」

「籍が入ってなかったんで、遺産は全部オレのものになった。ま、半分はお袋が自分で放棄したんだけど。その時はもう谷口だったから、霧間と関わるのがヤだったんだろう。おかげで、相続税でごっそり持ってかれたよ。この家には下宿してるつもり」

「…………」

 普通の中流家庭の両親のいるわたしには、もう実感できない話だった。たしかに、炎の魔女はまともな環境にはいない。

 でも、でもそれでも、彼女にどうしても訊かなくてはならないことがあった。

「あのね、その」

「なに。……ああ、〝理由〟か」

「ええ。……なんで京子を助けたの?」

「おやおや、アレをよく〝助けた〟とわかったね」

 凪は苦笑した。

「京子から話を聞いたわ。怪しげな麻薬にハマってた、って。から、彼女たちを助けてくれたんでしょう?」

「さてね、どうかな」

「どうしてなの? どこで知ったの? なんであんなことを?」

 わたしはき込むように訊いた。

「…………」

 凪はわたしの目を見つめ返した。

 わたしはどきっ、とした。彼女は、やっぱり綺麗だった。なにか「実は魔法を使ったんだ」とでも言いそうに感じさえした。

「親父は、オレが十歳の時に死んだ」

 彼女は唐突に話し始めた。

「う、うん」

 わたしが曖昧にあいづちを打つと、聞いているのかいないのか、とにかく彼女はまた話し出した。

「死ぬ寸前は母さんももう側にはいなくて、家ん中はオレとあいつだけだった。あいつは酒も女もやらないヤツだったが、代わりに仕事しかしないヤツだった。ある日、学校から帰ってくると、あいつが倒れていた。オレはあわてて救急車を呼んだ。助けが来るまで、オレは口から血を吐いてたあいつの相手をした。あいつは言った。

〝凪、普通ということをどう思う?〟と。

 オレはワケがわかんなかった。だから首を振った。そしたらあいつは言った。

〝普通というのは、そのまま放っておいたらずーっとそのままだということだ。だからそれが嫌なら、どこかで普通でなくならなければならない。だから、俺は──〟

 結局、それが遺言になった。意識を失って、二度と目覚めなかった。死因は穿せんこうによる内臓溶解──ゲロゲロな死に様だ。医者が腹を開けたとき、凄まじい臭いがして馴れてるはずの看護婦が吐いちまったって噂されてたよ。

 だから何だっつーと、よくわかんねー。でもそれ以来、オレはフツーに生きるのをやめたんだ」

 彼女は淡々と喋った。

 わたしが言葉なく黙っていると、彼女は、

「メサイア・コンプレックスだよ」

 と、とうとつに言った。

「……そうなの?」

 わたしは、顔つきだけなら物静かな美人さんに見える彼女の、少し薄めの唇を見つめた。目を見ることは、なんとなくできなかった。

「ああ。オレは病気サイコなんだろうよ。幼児体験も充分だしな」

 怖いことを、平気な顔をして言う。

 でもわたしには、彼女が偏執狂には見えなかった。

「……でも、それは」

 と言いかけたわたしをさえぎるように、凪は自分の後ろの机に向き直り、パソコンを起動させて文字画面アブリケーシヨンを呼び出し、キーボードを叩いた。

 ずらずらと、何かのリストが出てきた。次から次へと下からロールしていく。人の名前みたいだった。その後に数字が続く。

「──あったぞ」

 彼女は指を止め、わたしに画面を示した。

 そこには "2-B-33 〓〓〓〓 am8 : 25-pm3 : 40" とあった。

「これって……!」

 それはわたしの登下校記録なのだった。

「学校の回線にアクセスしてる。これで全校生徒の行動のガイドラインをつかんでいる。それで、木下のツレが最近急に素行が悪化したのを知った。それで調べたら、例のクスリの話が出てきた」

 わたしは驚愕した。

「こ、これって犯罪じゃないの!?」

「れっきとした刑法違反」

 彼女はさらりと言った。

 わたしが口をぱくぱくさせていると、彼女は静かに言った。

「仕方ねーのよ。学校というのは一般社会から隔絶された奇妙な環境で、警察力さえ手が届かないところがある。暴力事件が起きても、それが生徒によるものであれ教師によるものであれ、まずいんぺいされる傾向がある。人が死んでさえ、時として原因が単に〝いじめを苦に自殺〟で片づいてしまって、いじめていたと決めつけられた生徒を退学させて事足れりになってしまうことも珍しくないし」

「そ、そうだけど──でも」

「たしかに悪いことだけど。しかし誰かがやらなきゃならない。ガッコの教師はまるでアテにならねーしさ」

「いや、そうじゃなくって──でも」

 でも、停学までわざと受けて行動するこのひとはなんなのだ。

 メサイア・コンプレックス──

 それは〝救世主同一化志向〟とでも言うべき、奇妙な誇大妄想の一種である。

 霧間誠一の本でも、自分はバットマンだと信じ込んだ中年の男が、裁判で無罪になった殺人容疑者をコスチュームを着て襲ったとかいう症例が載っていた。その彼は、逆に殺され、しかもそれは正当防衛で、容疑者はまたしても無罪になったという。もしも容疑者が本当に無罪なら馬鹿馬鹿しい思いこみによる喜劇だし、そうでなければ正義は悪に完全敗北した悲劇だ。どちらにせよ救いはない。

 霧間凪は、と自分は同じだと言っているのだ。

 たしかに、霧間誠一は人の心の裏側の怪しげな現象ばかりを分析したり、現実の歪みが人を犯罪に走らせるとかいった論説を本にしたり、そう思えばかなりといった感じはある。

 その娘が、しかもファザコンを自称する子がであってもおかしくはないのだが、しかし──

 黙り込んだわたしに、凪は携帯電話を差し出してきた。家の回線でなく、自分名義で料金自己負担のものなのだろう、きっと。

「ほら、電話しな」

「え? どこに」

 目を丸くするわたしに、凪は意外なことを言った。

「あんたの自宅に決まってるだろう。これから友達を連れて行くから、晩御飯用意しておいて、って言うんだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます