第一話 浪漫の騎士 3

 その夜、僕はとうとう藤花の家に電話してしまった。

「はい、宮下でございます」

 お袋さんが出たので、僕は真面目くさって言った。

「もしもし、私は深陽学園で風紀委員をやっている竹田というものですが、藤花さんはいらっしゃいますか」

 風紀委員、と聞いて受話器の向こうでお袋さんが息を吞む気配がした。

「あ、あの藤花がまたなにか──でも高校に入ってからはも出なくって──」

 あれ、か。

「とにかく、ご本人と話したいのですが」

「は、はい。少々お待ちください」

 高校生のガキに言うような科白でないな。ふつうのおばさんだったら「待っててね」だろう。よほど焦っているみたいだ。

「はい、かわりました」

 彼女の、普通の声がした。

「竹田だけど」

「はい」

 そっけない返事だ。しかしこれはお袋さんが横で聞き耳を立てているのだろう。

 宮下家は、今時親子電話でさえないらしい。

「こないだの日曜だけどさ、どっか出かけた?」

「いいえ、別に」

 と言いながら、彼女はこんこん、と受話器を叩いた。これはきっと、例のサインの二本指を立てるヤツをあらわしているのだろう。

〝ごめんなさい、今はちょっと〟だ。

 わかっている。でもそれでも訊いてみる。

「あのさ」

「はい」

「ブギーポップって知ってる?」

「え?」

 彼女は間抜けな声を出した。虚を突かれて、地が出たのだろう。

「なんですか、それ?」

 演技ではなく、ほんとに知らないという声だった。

「いや、いいんだ。なんでもない。宮下の声がさ、ちょっと聞きたかったんだ。ごめん」

「ありがとうございます」

 彼女はバカ丁寧に言った。しかしこれもお袋さん対策で、実際には「嬉しいわ」と言ってるのだ。

 やっぱり、嫌われたわけではない。

「じゃ、また明日、学校で」

「はい、失礼します」

 受話器は僕が先に置いた。

「…………」

 僕は腕を組んで、考え込んだ。確かにあいつ──ブギーポップの言ったとおりだった。藤花は、昨日のデートの約束と、今朝放課後に会おうと打ち合わせしたのを完全に忘れているのだ。

「彼女は何も知らない」

 あいつは、夕日が射し込む学園の屋上で僕にそう言った。

「知らないという立場を崩すようなことも、同時に知らないようにしている。だから昨日、君とデートしなかったという矛盾を消すために、そもそもデートしようとしたことさえ精神から消し去ってしまうんだ」

「消し去る、って──」

 僕は啞然としながら〝彼〟の話を聞いていた。

「そ、それはつまり約束したことさえ忘れるってことか?」

「そういうことだ。でもこれは決して君を軽んじているからじゃない。むしろ逆さ。彼女は確かに君が好きなんだろうよ。だからこそ、かえって忘れるのを完璧にしているフシもある」

「? どうして」

「そうすれば罪悪感を感じないからさ。やっぱり彼女は、君に嫌われるとか考えたくないんだ。しかもそれは、自分じゃどうしようもないことなんだからね」

 と、まさにその彼女の顔で、こいつは言うのである。

「お、おまえは一体何なんだ!? いつから彼女に取り憑いているんだ!」

「取り憑く、ってね、そういう言い方はやめてくれないか。ぼくだって好きで出てきているんじゃないんだ」

「じゃあ、何でだよ!」

「危機が迫っているからだ」

 じっ、とこいつは僕を見つめてきた。

 僕は訳もなくたじろぐ。それは鋭い眼光であった。

「ぼくは自動的なんだよ。周囲に異変を察したときに、宮下藤花から浮かび上がって来るんだ。だから、名を不気味な泡ブギーポツプという」

 どうも自分で付けた名前らしい。

「異変って……なんだよ」

「この学校には魔物が巣喰っている」

 そう言う目つきは、こんなことを言うのは僕もおかしいみたいだが、完全に正気に見えた。

 既に陽は落ちかけていて、屋上の上には長い影が走っている。ブギーポップの黒い格好は、その中で半分消えかかっているようにさえ見える。

「しかも周囲に溶けこんでいる。大変危険なヤツだ。今はまだそれほどの活動を開始していないが、本格的に動き出されたら世界はおしまいだ」

 言葉だけみると、完全にヤバいヤツの科白なのである。だが、実際に見つめられて話されると、ひどく説得力があるのだった。

「……おまえ自身そのクチじゃねーの?」

 僕はそれでも、精一杯の反抗を試みる。確かに、こんなヤツに藤花の身体を乗っ取られたら僕にとって青春せかいは終わりに等しい。

 ところが藤花のもうひとつの人格は平然と言った。

「うん、それはわかっている。だからぼくはそれほど長くは出ていない。これも自動的にだ。あとは宮下藤花として静かに生きている。君と恋を語り合ったりね」

「恋、って──あのなあ」

 どうもこいつの言葉遣いは変に大時代的だ。僕のことを〝君〟とか、まるで明治時代の書生みたいな呼び方をする。

「現に今日も、そろそろぼくの時間は終わりだ。放課後以降はこうして張りこんでいても意味がない。みんな家に帰ってしまうからな」

「……ってことは、おまえの言う危険なヤツというのは、生徒のなかにいるってことか?」

 僕は、ついつられてそんなことを聞いてしまった。

 ブギーポップはうなずいた。

「おそらく」

「なんなんだよ、そいつは?」

「知らない方がいい」

「どうして?」

「危険だからだ。感づかれたら君の身も危ない。宮下藤花の恋人を危険な目にあわせたくないんだ」

 くどいようだが、こういうことを彼女の顔と声で言うのである。

「そんなにヤバいんなら、なおさら教えてくれよ。その身体はおまえだけのものじゃないんだぜ」

 言いながらも、何を真剣に相手してるんだ俺は、という気持ちが一方にあった。こんなもの、精神が不安定になった藤花の、ちょっとした妄想なのに──それはわかるのだが、しかし目の前にいる人間は、どう見ても藤花であって藤花でないのだった。そうとしか感じられないのだ。

 ふう、とブギーポップはため息をついた。

「しかたないな。だが絶対に他人に言ってはいけないぜ」

「ああ」

 僕は唾をごくりと飲んだ。何を言われても驚くまいとして。

 だが彼氏の言葉は、シンプルすぎてかえって僕の意表を突いた。

「いるのは〝人を喰うもの〟だ」


 ……僕は藤花の家にかけた電話を切ると、がっくりと自分の部屋のベッドに座り込んだ。

 頭が混乱していた。

 二重人格だって?

 学校に、いや全世界に危機が迫っているだって?

 なんじゃいそりゃあ!!

 誇大妄想もはなはだしい。学園モノのRPGの設定じゃあるまいし。

(でも、藤花を病院とかに連れてくってのもなあ……)

 ブギーポップは「彼女はすべて忘れる」と言っていた。ということは、下手すりゃ病院なり医者なりに接触しても、その間ブギーポップは出てこず、彼女はひたすら正気で、連れていった方がマヌケ、ということもある。

 僕は学校からの帰りに買った『心の中の叫び─多重人格について』という文庫本を開いてみた。なるたけ易しそうなのを適当に選んだのだが、なにせ本屋で探してみたらあるわあるわ、なんだかそういう精神病理のコーナーさえあり、世の中は充分おかしいという気になったものだ。

 作者が喋っているみたいな文章で書いてあって、読めることは読めるが、それでも難しい字がずらずら並んでいて頭がくらくらしたが、しかし「この症例は日本では極めて少なくて、ほとんど見られない」と書いてあったのには引っかかった。

 よくわからないのだが、多重人格というのは抑圧的な現実に縛られている人間が、その現実生活と相容れない自分の感情を別の人格に託して新しい生活を造ろうとする、というのが基本なのだそうだ。「人間の可能性は善にも悪にも開かれている。二流の社会生活に押さえつけられた可能性が独立して存在を主張するのが多重人格だと私は考えている。それがどんなに病的で本人や周囲に対して破壊性のあるものでも、可能性に善悪の区別はない」とかなんとかわかったようなわからないようなことが書いてある。で、日本ではその大本の行動規範がはっきりとした形を取らないことが多いらしい。具体的には「神様」と「世間様」の違い、とか説明されている。

 著者名を見ると霧間誠一とあった。奥付にはプロフィールも何も書いてないので、どういう人かはわからない。しかし、なんとなく正しいことを言ってるような気がした。

(じゃあ、ブギーポップはどういう可能性で、何が彼を押さえつけているんだ?)

 僕はベッドにごろりと横たわり、天井を見上げる。

〝泣いている人を見ても、何とも思わないのか?〟

 また、あの言葉が頭に浮かんだ。どういうわけか、ひどく気になるのだった。


「……ということらしいんだが、自分じゃどう思ってるんだ?」

 翌日の放課後、僕はまたブギーポップと会っていた。場所も同じ屋上だ。

「押さえつけられた〝可能性〟ね。ふむ、なるほど。まあそう言われればそうかも知れないが」

 教室に行ったら宮下がいなかったので、もしやと思って来たらやっぱりいたのだ。どうやら授業が終わると同時に〝入れ換わった〟らしい。

「しかしぼくの場合、宮下藤花の可能性というわけでもないしな」

「じゃあ何なんだよ」

「うん。そうだな。……この世界の、さ」

 さらりと自然に言うので、僕は一瞬意味が摑めない。世界? なんのことだ?

 しかし彼は僕の空白にもかまわず続ける。

「ぼくには主体がないんだ。宮下藤花が何を考えているのか、ぼくにはわからない。あるいはぼくを生み出すような秘められた欲望というか、可能性があるのかも知れない。しかしそれとぼくとは関係がないんだ。ぼくには夢というものが欠落している。ぼくは自分がやらねばならない義務というか、使命のためにここにいる」

「……それが、全人類の危機、ってやつか?」

「うん」

「なんで、おまえなんだよ」

「なんでなんだろうね……ぼくも、それが知りたいよ」

 ブギーポップは頭上に広がる空を見上げながら嘆くように言った。

 そして、僕の方を見ないで続ける。

「しかし、なんだね。君はぼくを〝治し〟たいのかな?」

 僕はぎくりとした。無論、そのつもりではいる。なんと言っても宮下藤花は僕の彼女なのだから。しかし、なんとなく〝なにがなんでも治してやらなきゃ〟という気がするかというと……。

「いや、まあ──どうなんだろう」

〝彼〟の反応を警戒してこう答えたのではなく、ほんとうに、よくわからなくなっていた。見たところ誰にも危害を加えるとかそういうのでもないようだし。藤花自身、それで困ってるわけでもないのだ。

(せいぜい俺とのデートをすっぽかすぐらいだしなあ……)

「まあ、実際ぼくなんかはいない方がいいんだろうけどね……義務さえなければ」

 その横顔は、ただでさえ好きになった女の子のそれで、しかもどこか寂しげですらあるので、僕はついうっかりと言ってしまった。

「……大変なんだな、おまえも」

 とても誇大妄想の多重人格のたわごとに対する返事とは思えない。

「うん、まあね。でもぼくはほら、出ているのは少しだからさ」

 中途半端ななぐさめで怒るかと思ったのに、彼はしみじみと返事するのだった。この態度は、ほんとに全然おかしくない。

 僕も彼と一緒になって空を見上げた。その日は曇っていて、この前みたいなきれいな夕焼けはなくどんよりと暗いだけだった。今にもさめが降ってきそうな感じの、気が滅入る空だった。

「あのさ──ちょっと訊いていいか?」

「なんだい」

「はじめておまえを見かけたとき、あの人になんて言ったんだ?」

「大したことじゃない」

「どうして、あいつを泣きやませることができたんだ?」

「単に必要な助言をしただけだ。誰だって、苦しいときには人の助けを必要とするものだ」

「助けを必要としていた? なんでそんなことがわかるんだ?」

「彼は泣いていた。苦しんでいたのはいちもくりようぜんだろう?」

 当然のように、ごくあっさりと言う。

「でも、でもさ──」

 僕はうまく口が回らず、そしてため息をついた。

「……俺たち普通のヤツには、そんなわかり方はできないんだよ」

 言いながら、なんだか自分がひどくみじめに思えた。

「君はいい人だなあ」

 急にブギーポップが言った。

「は?」

「いや、宮下藤花が君のことを好きになったのもわかる気がするよ」

「……その顔で、そういうことは言うなよ。明日宮下と会ったとき、どんな顔すりゃいいんだかわからなくなる」

 喋った後で、これはまるっきりブギーポップの独自性の存在を認めた言い方だな、と思った。

 ブギーポップは奇妙な顔つきをした。ぶかに被った帽子の下で左眼を細めて、口元の右側を吊り上げた。藤花では絶対にしない左右非対称の表情だった。

「気にするなよ。ぼくはぼく、彼女は彼女さ」

 後で思うと、あの表情は苦笑いだったのかも知れないと気づいたが、そのときはわからなかった。ただ、妙に皮肉っぽい、悪魔的な感じのする表情だなと思っただけだ。

 僕は結局、こいつの笑顔というのを最後まで見なかったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます