第43話新たな動き

「…貴方、なにをやれていますの?」

 呆れた顔をしながらメリーがレンに問う。


「だ、大事な事やから二回言うたん?」


「…助けるのやめておきましょうかしら。」

 メリーが来てくれた事で、おどけた反応を返すレンに、メリッサは冷たい目で言い放つ。


「じょ、冗談や!頼んます!」と、必死に手を合わせて懇願してくるレンを見て、溜息をつきベリアスに向き直る。


「グッ…グゥァアッ!」

 ベリアスは影縫いの効果を打ち破り、肩で息をしながらメリッサを睨む。


「キサマ…何者ダ!」


「…あなた如きに名乗る名前はありませんわ。」

 どうせ名乗っても、時間の無駄になるだけだと言い、無造作に二本のクナイをかまえる。


「生意気ナ、人間フゼイガッ!!」

 ベリアスの叫びに呼応するように、体が淡く光、さらに呪詛を言葉に乗せて放ってくる。


「…限界突破、祝福の聖歌」


「限界突破やとっ!?…確かそれ、課金せなクリアできへんような、ヤラシイ限定クエで取れるやつやろ?そんなんズルやで!」


「あなた…一体、誰の味方ですの?」

 レンに非難の目を向けながら、全能力値を少しの間だけ倍にするスキルを使用し、賢者の上位スキルで呪詛の力を相殺すると動き出す。


「チッ、クラエ!煉獄突キ!」

 すかさず、煉獄の炎を纏わせた連続突きを繰り出すベリアスだったが、爪がメリーをとらえる瞬間…当たる筈の爪は空をきっていて、代わりに黒い腕が宙を舞った。


「ウガァッアッッ!!」

 何をされたか分からないような、そんなスピードの攻撃で吹き飛ばされた腕、その部分から吹き出る黒い血を抑え、振り向きベリアスは叫ぶ


「キィサマァ!一体ドレダケノスキル…グオッ!?」


「…うるさいですわ!」

 叫ぶベリアスにクナイを投げつけ黙らせる。


 両肩と腹に風穴を開けられ、驚愕の表情で自分の体と、敵を見比べるベリアス。

 己と比べれば、圧倒的に劣る存在のはず…そんな人間に、簡単に圧倒されてしまっている自分の現状に。

 頭では理解していても、気持ちが認める事を許さないのだ。


「…いっただきっ!!」

 ズバッ!


 レンは、油断と背後を晒したその隙を逃しはしなかった…

 ドスン!と鈍い音ともに首が落ちると、ベリアスの体は霧となって消え去る。


「あなた、卑怯ですわね…」


「お返しはキッチリしとかんとなぁ!」


 いい笑顔で答えるレンに溜息をおくると、無言でその場を離れようとするメリッサ。


 慌てて呼び止めてくるレンから、何故ここにいるのか?と尋ねられ、めんどくさそうに答える。


「あなたには関係ありませんわ。」

 そう言うと、ヒラヒラと手を振りながら何処かへ行ってしまう。

 そんな後ろ姿を見ながらレンは考える。


 …ん~、やっぱり主人公が弱いと話が締まらんな!

 こりゃ、俺も一から鍛え直さんとあかんわ。




 ……コツコツ

 メリッサは自分の予想が外れた事に、少しがっかりしながらも、それなら他で確認を行うまでだ、と次なる目的を目指し歩く。


 バノペアからエデキオに向かう途中、単独行動の許可を申し出た彼女は、自らが作った貴族達の情報網に引っかかった噂を、確認しにきていたのだ。


 …ユウト様を狙う、不穏な動き…ねぇ。

 帝国にしても、神国にしても…ユウト様を崇め奉るならまだしも、懐柔しようなんて片腹痛いですわ。


 そう、心の中で自分の常識に頷くと、司教のいなくなった東部教会を早々に見切り、後にした。









ーーーーーーユウト視点


 …メリーが、人に会う約束があると言ってきたので、エデキオに向かう途中で別行動になった。

 まぁ、彼女の事だから、八割くらいは俺の為で、後の二割は悪巧みだろう…

と、当たりをつけて単独行動を許可したんだが


「単身で神国に乗り込むとか、大丈夫だろうか…」


 思わず心配が口をついて出る。

 間違いなく俺よりは上手くやるであろう人物を思ってだから、自分でも心配し過ぎだとは分かってるんだけどな…


「メリッサさんなら、何も問題無いと思いますよ?少なくともユウトさんよりは…ねっ」

 おどけるように笑ってくるシャル。


 今までなら、レンにしか見せなかっただろう表情を、最近は俺にも見せてくれるようになってきたんだけど…可愛さ爆発し過ぎだぜっ!!


「…それもそうだよな。俺に心配されてもメリーの迷惑だよなっ!」


「えっ!?いっ、いえ!そんな…ほ、本気で言ったんじゃないんですよ?」


 俺が自虐で返すと、気まずそうに上目遣いで否定してくれる。

 …あぁあ゛!抱きしめたい!


 …くっ、でも、我慢だ。

 レンとの約束もある。

それに、シャルの事は流れに任せないって決めたでは無いか!

 …でも、向こうから来るのを受け止めるのは仕方ないよね?不可抗力だしっ!



「…ご、ごしゅじんさま…おなか」

「お兄ちゃん、お腹減ったよぉ!」

 レアの決め台詞が、ルサリィにカットインされる…



 最近、ルサリィはティファに料理を習っているようで、今みたいに移動中の野外料理なんかは、結構板について来てるんだ。

 そのせいか、料理したくてウズウズしてる感じで、なんとも可愛らしい。


「一緒に居るなら、何か役に立ちたいの!」

 って言われた時は…成長してるんだなぁ、と親の気持ちになって、ちょっと泣きそうになったよ…


 …そりゃ、実年齢なら親子でも十分あり得るからこんな気持ちにもなるか。



「…では、一旦休憩にしましょうか。」

 ティファが、そう言って馬車を止める。


 …

「じゃあ、昼飯の食材は何が良い?」

 俺がアイテムボックスを漁りながら聞くと、一斉に希望を言い始める…


「私は野菜を使ったスープ…」

「肉!肉が必要です、ご主人様!」

「…量があれば…なんでも…」


「もぉ!みんな難しいよぉ!」

 好き放題言う仲間達に、料理番のルサリィがご立腹だ。

 俺は全員を宥めながら、丸焼き用の肉と、サラダやスープ用の野菜、一品用に芋や豆類を適当に取り出して、ルサリィのお任せでとお願いしておいた。


 ルサリィはいい笑顔で「うんっ!」と返事をしてくれ、準備に取り掛かった。

 お手伝いはレアの担当で、火や水を魔法で召喚する係だな。


 ティファは周辺の哨戒にあたってくれるようで、確認に行ってしまい、シャルは今の旅を物語にしたいらしくて、ノートに向かってペンを走らせている。



 …

 ……

 俺だけやる事がないっ!


 仕方ないので、ヘッケランに変わった事が無いかと無駄に連絡してみたり、皆が使える魔法やスキル、アイテムの整理をして、いざという時は直ぐに指示が出せるように備えておく。


「…ん~、やっぱり攻撃回避や身代わり系のアイテムが、だいぶ減ってるなぁ」


 アイテムボックスの中身を確認しながら、使用頻度が高いアイテムの在庫数に溜息をつく…

 今の世界では、ゲーム時代のようにRM(リアルマネー)で課金ガチャを回したり、道具屋に行ってポーションを補充とかは簡単にできない。



 だから、これからは計画的に使って行きたい所だけど、俺とシャル、ルサリィは弾みで殺される可能性が高い…

 なので、身代わりアイテムは必須だ。


 それに、ダメージ軽減や無効化アイテムも併用しないと、身代わりアイテムも尽きてしまう。

 唯一、三姉妹だけは、この世界でならほとんどの危機は自分で回避できるので、助かってはいるけど…


 というより、おんぶに抱っこ状態だからな…

 定期的に恩返しをしたいとは思ってるんだけど、三人とも結構真面目で自分の為に何かをおねだりする事とか無い…いや、レアは別か!

 まぁ、レアの魔法で助けてもらってるのは一緒だから、その程度、別にいいんだけどね。



 …あぁ~魔法とかスキルとか使いたいなぁ~剣技とかも極めて、昔みたいに活躍したいなぁ…



「みなさ~ん!ご飯ができましたよぉ!」

「…もぐもぐもぐ…できた。…」


なんか、既に食べてる人いますけどっ!?


 俺は心の中の不満は閉まっておき、その後は皆で楽しく美味しく食事を頂いた。


 ルサリィは嫁に出しても良いくらいの、料理を作っていてベタ褒めしておいた。

 …嫁にはやらんけどなっ!



 全員で後片付けを終わらせると、その日は行ける所まで進んで、テントを張ってキャンプを楽しむ。



 …明日には、エデキオに入れるだろうから、また忙しくなるんだろうなぁ。

 俺は、束の間の休息を楽しむべく、今日は誰に挟まれて寝るかと悩んだ。









 ーーーーーー神国 ホリシア連峰


「大変です師匠!」


 標高2000~3000m級の山々が連なる、ホリシア連峰にあって、一番背の高い三ツ山で、積雪に囲まれた道場の縁側に座る、世界最強の剣士と名高い、剣聖ガリフォン・ルクレールは欠伸をしながら返事を返す。


「欠伸をしている場合ではありません!」

「そうです!師匠!」

 そんな剣聖に、一大事を伝えに来た二人は、緊張感が足りないと師匠に文句を言う。


 背の小さくて、可愛らしい顔をした道着姿の男の子が、道場序列三位のバンゼル。

 背が大きめの、キリッとした顔の女の子が、同じく序列三位のキリカだ。


 道場の序列は1~10まであり、ガリフォンは含まれない。

 現在、一位は空席で、二位の二人は武者修行に出ており、残りの一人は基本引きこもりだ。


 バンゼル達が属している、第三位は二人しかいない。

 彼等が如何に選ばれた、一握りの猛者だと言うのは、毎年1000人近い志願者が門を叩き、残るのが10人程度、さらに五位を超えれる者は、良くて二人と言った状況を踏まえれば簡単に理解できるだろう。


 ちなみに、王国騎士長なら大体、三位程度。

 帝国最強の、堅牢の二つ名を持つドーンでも、二位程度だ。


「んでぇ?…なんかあったのか?」


「そ、それが、エンシャントドラゴンを倒したと言う者達が現れたのです!」

「そうです、しかも王国の者達だそうです!」

 キリカの説明にバンゼルが補足説明する。


「…へぇ。そいつぁ中々だな!古代種たぁ景気が良い。」

 ガリフォンは自分の膝を叩くと愉快そうに笑う。


「笑い事ではありません!勇者の再来なら、デーモンロードの復活が!」

「…僕達の力では、まだ及びません。」

 まくし立てるキリカと、俯くバンゼル。


「はぁぁ、わーったよ!どれ、稽古をつけてやろうか」

 そう言うとガリフォンは獣の笑みを浮かべ、獲物を見る目で二人を射抜く。


「よっ…よろしく、お願いします…」

「…はいっ!」



 …その後、道場に残ったのは、二人の悲鳴と一人の笑い声、そして三人が吐く白い息だけだった。









 ーーーーー多民族国家群 妖精地域


「いやぁ…シルヴァ…よく…きたな……」


「久し振りだな!精霊王!聞いたか?」


 高さ300mはあり、幹の長さも100mはある巨木…現代建物で考えると、日本で最も高い完成済みの建築物で、大阪にある、あべのハルカスくらいのデカさがある。

 そんな巨木に顔がついていて喋れる…トゥーレと呼ばれる存在が、妖精達の王様だ。


 普通の人間なら、モンスターかお化けではと怯えるような存在だが、旧友のように語りかける、熊と人のハーフで獣族の男性は、その容姿をまったく気にする様子は無い。


「…剣聖…からの…言伝か…?」


「いや!グデ山で修行していた時に助けた、神国の商人が教えてくれたことだ!」


 目ともウロとも見える空洞を細めて、洞窟の入り口みたいな口を動かすトゥーレ。


 熊人族のベアーレ・シルヴァは、ニヤリと笑うと話を続ける。


「神国の聖女が受けた神託の勇者が現れたらしいぞ!」

「…ほぅ…古代の力を持つ…人族の希望…か…」


「そう…そして!悪魔の王、デーモンロードが復活する!」

 ベアーレは腰に差した刀に手を置くと、ゆっくりと抜き放つ。


「…よい…剣よ…よかろう…ドワーフ達に…持っていくがよい」

 トゥーレの幹から、小さな光が飛び立つ。


 その光は、羽が生えた小さな妖精で、ベアーレの元まで行くと、付いて来いと案内役を務めてくれるようだ。


「妖精王よ!恩にきるぞ!」

 ベアーレは笑顔でそう言うと、小さな妖精に導かれ、森の中に姿を消すのであった。



「…災厄の根源…人の身には余る存在よの…」


 トゥーレは呟くと、森の生き物達に先程の情報を届ける為、花粉のように精霊達を飛ばす。

 悪魔の王が蘇れば、それは全ての生き物の存在を脅かすと知っての行動であり、己が種族を守るための準備をさせる為の…先達としの役目でもあると考えて。




 奇しくも、広大な森に散らばる小さな光達は、冬のモミの木を彩るクリスマスツリーのように、綺麗に輝いていた…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます